インテルの10番が途中交代にまさかのブチギレ!なぜベンチを何度も殴りつける“愚行”を犯したのか?

インテルの10番が途中交代にまさかのブチギレ!なぜベンチを何度も殴りつける“愚行”を犯したのか?

2020.10.26 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間10月24日に開催されたセリエAの第5節で、インテルはアウェーでジェノアと対戦。主砲ロメル・ルカクとDFダニーロ・ダンブロージオのゴールで、2-0の白星を挙げた。


 この試合で話題を集めているのが、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの振る舞いだ。


 1点リードで迎えた72分に、アンドレア・ピナモンティとの交代を告げられると、憮然とした表情でピッチを去り、スタッフとタッチを交わした後、なんともの凄い勢いで何度もベンチを殴りつけたのだ。



  ただ、これは交代させたアントニオ・コンテ監督に対する不満ではなかったようだ。インテルの専門メディア『INTER NEWS』は、「ラウタロが交代後に激怒。何が起こったのか?」と題した記事のなかで、次のように綴っている。


「アルゼンチン人選手は、フィールドを去った後、激怒してベンチを数回叩いた。素晴らしい出来の試合ではなかったせいで、彼はすでにピッチの上で数分間ナーバスになっていた。成功したプレーはほとんどなく、ネットを揺らすチャンスすらなかった。それがインテルの10番を怒らせた理由だ」


 どうやら精彩を欠いた自身のプレーに腹を立てていたようだ。もし、規律には人一倍うるさい熱血指揮官への不満であれば、大事になっていてもおかしくなかっただろう。インテルのファンは、胸をなで下ろしているかもしれない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事