「殺したかった」イブラとミハイロビッチが最悪の“出会い”を告白!「ピッチ上でやり合い…」

「殺したかった」イブラとミハイロビッチが最悪の“出会い”を告白!「ピッチ上でやり合い…」

2020.11.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、ミランのズラタン・イブラヒモビッチは、かつてピッチの上で対決し、インテルではアシスタントコーチと選手という関係だった。激しい気性のふたりだけに、当初は互いをよく思わなかったようだ。だが、人となりを知ってからは親友になったという。


 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、ミハイロビッチは自身の自伝出版イベントにリモート出演したイブラヒモビッチについて、「ユベントス対インテルの試合で、われわれはピッチ上でやり合ったんだ」と振り返っている。


「私は彼を殺したかった。最悪を考えたよ。われわれはふたりとも血気盛んなんだ。幸いにも、何も起きなかった。そして彼がインテルに来たときに、とても素晴らしい男だと知って、今では彼の友人であることを誇っている」


 また、ミハイロビッチは「5歳の息子と遊んでいたときのことを思い出させるんだ」とも語った。


「イブラの前じゃ、セリエAのほかの選手たちはその5歳の息子のようなものだよ」 これに対し、イブラヒモビッチは「自分にとってシニシャは偉大な男だ。何よりも、人としての彼と知り合うことができたのは幸運だった」と述べている。


「最初は“一目惚れ”じゃなかったが、インテルで彼を知った時は初日から好きだった。常に言ってきたが、戦争に行くなら1列目に彼、2列目に自分だ」


 ロサンゼルス・ギャラクシーを退団したイブラヒモビッチが、ミラン移籍を決断する前に、ミハイロビッチからボローニャに誘われて迷っていたのは周知のとおりだ。


 イブラヒモビッチは「以前のようには走れない」と正直に認めたところ、ミハイロビッチから「お前がすべきは前線にいて待つことだけだ」と言われたと明かし、ボローニャ指揮官のためならタダでプレーする用意があったと話している。


「彼は自分を連れていくために、あらゆる正しい言葉を使った。だから彼には、行くならタダで行く、彼のためだけにハートで行くと答えた。最終的にはミランに行ったけど、決めるべきはボローニャか他クラブかじゃなく、プレーを続けるべきかどうかだった」


 現在のイブラヒモビッチの活躍を考えれば、彼がミハイロビッチの誘いに応じていたら、現在14位のボローニャの順位は違うものになっていたかもしれない。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事