「世にも奇妙な…」レバークーゼン守護神の痛恨すぎるOGがドイツで話題に!本人は「足に何かが起きた」と釈明

「世にも奇妙な…」レバークーゼン守護神の痛恨すぎるOGがドイツで話題に!本人は「足に何かが起きた」と釈明

2020.11.22 ・ 海外サッカー

シェアする

 ドイツで起きた“珍ゴール”が話題を広げている。


 驚きの得点が生まれたのは、現地時間11月21日に開催されたブンデスリーガ第8節、ビーレフェルトの本拠地にレバークーゼンが乗り込んだ一戦だ。


 アウェーチームが1点をリードして迎えた後半開始早々の47分だった。自陣左サイドで相手のプレスを嫌ったレバークーゼンのダレイ・シンクフラフェンがバックパスをすると、これを渾身の力で蹴り出そうとした守護神ルーカス・フラデツキーがまさかのキックミス。ボールは目一杯振り抜いた右足をかすめ、無情にも自ゴールへと転がっていった……。


 その後、88分にアレクサンダル・ドラゴビッチが勝ち越し点を決めて、レバークーゼンは2-1で競り勝ったが、「シュピン(蜘蛛)」の異名を持つ名手のプレーは小さくない話題となっている。

  ドイツ紙『Bild』は「何というミスだ。30歳のフィンランド人GKには余裕もあったはずだが、奇妙なオウンゴールを決めた。彼はボールを蹴った瞬間にゴールを悟り、ボールをフォローすることはできなかった」と驚きをもって報道。さらにドイツのサッカー専門誌『Kicker』も「世にも奇妙なゴールだ」と伝えた。


「ビーレフェルトの同点ゴールはどこからともなく突然、生まれた。彼らは追いつくのにシュートを必要としなかった。なぜなら相手のゴールキーパー、フラデツキーが自らボールを蹴り込んだからだ」


 この衝撃的オウンゴールの動画は瞬く間にSNS上でも拡散。「今世紀最大のオウンゴールだ」「彼は最高のGKだね」「もはや美しく見えるミス」「彼はそのキックに全力を注いでいた。それは確かだ」といった声が挙がった。


 なお、試合後に地元メディアのフラッシュインタビューに応じたフラデツキーは、「今日の僕のプレーは馬鹿げていた。クリアしたかったんだけど、足に何か起きたのか、なぜかそれができなかった。本当に分からないよ。とにかく勝ててよかった」と安堵のコメントを残している。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事