洗車に出した約4000万円の愛車がまさかの大破!元イタリア代表GKの“神対応”が話題「残念だが…」

洗車に出した約4000万円の愛車がまさかの大破!元イタリア代表GKの“神対応”が話題「残念だが…」

2021.1.13 ・ 海外サッカー

シェアする

 スーパーカーをコレクションしているクリスチアーノ・ロナウドほどでなくても、欧州のトップリーグでプレーする選手なら、高級車を所有していることは少なくない。ジェノアに所属する元イタリア代表GKのフェデリコ・マルケッティもそのひとりだ。



 そのマルケッティに“悲劇”が訪れたのは、1月11日のこと。思わぬ事故で愛車を失うことになったのだ。『Corriere dello Sport』紙によると、マルケッティの車は、約30万ユーロ(約3800万円)もするフェラーリ812スーパーファストだった。

 報道によると、晴天だったからか、マルケッティは愛車を洗車に出した。だが、トレーニングしている間に、練習場へと返車しようとした作業員が交通事故を起こしてしまったのだ。


 イタリア・メディアは、作業員が車のパワーを制御できなかった可能性を指摘した。いずれにしても、ガードレールに衝突した車は大破。作業員は、目の前が真っ暗になったことだろう。


 たとえ一般人とは比べものにならないサラリーを手にしているとはいえ、これだけ高額な愛車を台無しにされたのだから、マルケッティは心中穏やかでなかったはずだ。



  しかし、事故の翌日、マルケッティがインスタグラムに投稿したのは、大破した車の写真ではなく、満面の笑みを浮かべる自身の姿だった。添えられた言葉も、愛車を失った悲しみの吐露ではない。事故を起こした作業員を気遣い、自分は前を向くとのメッセージだった。


 マルケッティは「起きてしまったことは残念だ。神のおかげでだれも傷つかなかった。それがもっとも大切な知らせだ」と述べた。


「これまでに目にした悪意は放っておこう。そして、今後はもうそれらを目にしないように願っている。僕は、人生で大切なのはもっと別のことだと信じているんだ!」


 投稿には、「respect」とのハッシュタグもつけられた。『Gazzetta dello Sport』紙によると、マルケッティのインスタグラムには、作業員やフェラーリという高級車であることに対する心ない言葉があったようだ。マルケッティは、その炎上を止めるために投稿したと考えられる。


 今シーズン公式戦4試合に出場しているベテラン守護神のリアクションは、まさに神対応と言えるだろう。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事