「カガワの精密なパスだ」香川真司のプレミア初アシストが再脚光!首位決戦を前にマンUが投稿「なんてゴール!」

「カガワの精密なパスだ」香川真司のプレミア初アシストが再脚光!首位決戦を前にマンUが投稿「なんてゴール!」

2021.1.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間1月17日に開催されるプレミアリーグ第18節で、首位のマンチェスター・ユナイテッドは前節終了時点で3ポイント差の2位リバプールとの大一番に挑む。


 プレミア王者の本拠地アンフィールドに乗り込んでの首位攻防戦に臨むユナイテッドの公式インスタグラムは、この決戦を前に、過去のノースウェスト・ダービーで生まれたスーパーゴールを投稿した。


 公開したのは、2012年9月23日にアンフィールドで行なわれた一戦で生まれた美弾だ。1点ビハインドで迎えた51分、ユナイテッドは右サイドから送り込まれたボールをトップ下で先発した香川真司が胸で落とす。この絶妙のパスを受けた右SBのラファエウ・ダ・シルバ(現イスタンブール・バシャクシェヒル)がワントラップから左足でシュート。これが鮮やかな軌道を描き、ゴール左に突き刺さったのだ。


 この華麗な一撃で追いついた“赤い悪魔”は、81分に主砲ロビン・ファン・ペルシが勝ち越し点を奪い、2-1の逆転勝利を飾っている。ちなみに、この年の夏にドルトムントからユナイテッドへ移籍した香川は、これはプレミアリーグでの初アシストだった。


 このラファエウの鮮烈弾には、「なんてゴールだ!」「最高だ」「戻ってきてくれ!」「素晴らしい一撃だ」といった声が寄せられたほか、香川のアシストにも、ユナイテッド・サポーターから次のような称賛が集まっている。


「チェストパスもよかった」

「カガワの精密なパスだ!」

「ナイスアシスト!」

「カガワが恋しい」

「クールなお膳立てだ」


 さて、今夜のゲームではどんなゴールが生まれるか。期待は高まるばかりだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事