「監督の決断が正当化された」サウサンプトンは泥沼の5連敗も豪快弾を決めた南野拓実を地元紙は絶賛!

「監督の決断が正当化された」サウサンプトンは泥沼の5連敗も豪快弾を決めた南野拓実を地元紙は絶賛!

2021.2.7 ・ 海外サッカー

シェアする

 サウサンプトンは、“圧倒的”優位の状況から追い上げも虚しく敗れた。


 現地時間2月6日に開催されたプレミアリーグ第23節で、敵地に乗り込んでニューカッスルと対戦したサウサンプトンは2-3で敗戦。これでリーグ戦では泥沼の5連敗となった。


 2-3で迎えた50分に敵MFジェフリー・ヘンドリックが退場となり、さらに77分には交代枠を使い切った後でファビアン・シェアが負傷退場。最後は9対11という数的優位な状況となったサウサンプトンだったが、粘り強い守備を見せたニューカッスルを前にあと一歩及ばなかった。


 だが、今後に向けた光明も見えた。今月2日にリバプールから電撃移籍をし、この試合でスタメンデビューを飾った日本代表FWの南野拓実だ。


 左サイドハーフで抜擢された南野は、中央にポジションを絞りながら、アグレッシブなプレーで積極果敢に仕掛けると、2点のビハインドで迎えた29分に見せ場を作る。敵エリア内で絶妙のトラップで敵をかわして左足を一閃。強烈な一撃をゴール左上に突き刺してみせたのだ。


 勝利は呼び込めなかったものの、90分間フル出場を果たして、存在感をアピールした南野を地元メディアはどう見たのか。


 日夜、サウサンプトンのあらゆる情報を発信している地元紙『Daily Echo』は、マッチサマリーにおいて「完璧なファーストタッチからゴールの天井を突き破るような強烈なシュートを決めた。ミナミノ、君は美しい」と絶賛。さらに英紙『Mirror』は、「ハーゼンヒュットル監督の求めた契約は、ミナミノ自身によってすぐに正当化された」と賛辞を贈った。


「リバプールからサウサンプトンへローン移籍をしたミナミノは完璧なスタートを切った。ニューカッスルを相手に鋭いドリブルからゴールを決め、彼を『特別な選手になる』と称え、その能力に惚れ込んだハーゼンヒュットル監督の決断は間違っていなかったことが証明された」


 新天地で、何よりも欲していた目に見える結果を残した南野。チームは現地時間2月14日に難敵ウォルバーハンプトンをホームに迎える。今度は勝利に貢献することができるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事