不運すぎる59分交代の久保建英、“痛恨判定”に抗議…両指揮官にレッドの大荒れ試合で、主将退場のヘタフェはセビージャに完敗

不運すぎる59分交代の久保建英、“痛恨判定”に抗議…両指揮官にレッドの大荒れ試合で、主将退場のヘタフェはセビージャに完敗

2021.2.7 ・ 海外サッカー

シェアする

  現地時間2月6日に開催されたラ・リーガ第22節で、久保建英が所属するヘタフェが強豪セビージャとのアウェーゲームに臨んだ。


 4試合連続のスタメンに名を連ねた久保は、立ち上がりこそ4-2-3-1の左サイドハーフでプレーしたものの、8分過ぎあたりからククレジャと位置を入れ替え、得意の右サイドに回った。


 そのヘタフェは20分、右SBダミアン・スアレスのアーリークロスにMFマクシモビッチがヘッドで合わせるも、惜しくも枠を捉えられない。


 前半は主導権を握ったセビージャの素早いパスワークの前に、守備に回る時間が長くなる。久保も対面のオカンポスの突破に手を焼き、ディフェンスのタスクが多くなった。


 26分には、久保のボールロストからピンチを招き、オリベルのクロスからオカンポスにヘディングで狙われるが、わずかに左に外れて難を逃れた。37分にもショートカウンターからオカンポスにゴールを許したが、VAR検証の末にハンドがあったとして取り消される。


 前節のアラベス戦と同様、中盤を省略したロングボール主体の攻撃となり、なかなかボールに触れなかった久保は44分、ようやく前を向いて仕掛けて、マクシモビッチにパス。セルビア代表MFの際どいシュートを引き出した。


 後半に入って54分、ヘタフェに痛恨の事態が起きる。ボールをクリアしようとした際に、オカンポスの足を踏み付けたとして、キャプテンのCBジェネが一発退場となったのだ。この判定にレフェリーに抗議をする場面もあった久保は、DFカバコを投入せざるを得ない状況になったため、不運にも59分で交代となる。


 このプレーでエース格のオカンポスが負傷退場になったことに腹を立てたセビージャのロペテギ監督がヘタフェのベンチに文句を言うと、ボルダラス監督も応戦。もみ合い寸前となり、両指揮官にもレッドカードが提示される大荒れの展開となる。


 数的不利となったヘタフェは67分、ジョルダンのパスから、入ったばかりのムニルにゴールを奪われて先制を許す。


 さらに87分に新戦力のゴメスにゴラッソを叩きこまれたヘタフェは、89分にもエン=ネシリにゴールを奪われ万事休す。0-3の完敗を喫し、3試合勝ちなしとなった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事