「ミナミノが助けになった」“デビュー弾”の南野拓実をサウサンプトン指揮官がベタ褒め!「10番の役割でも…」

「ミナミノが助けになった」“デビュー弾”の南野拓実をサウサンプトン指揮官がベタ褒め!「10番の役割でも…」

2021.2.7 ・ 海外サッカー

シェアする

 堂々たるデビューに指揮官も唸った。


 現地時間2月6日に開催されたプレミアリーグ第23節で、敵地に乗り込んでニューカッスルと対戦したサウサンプトンは2-3で敗戦した。


 相手が9人になった後半の猛攻も及ばずに泥沼のプレミア5連敗を喫したサウサンプトンだったが、彼らに数少ない光明をもたらしたのが、この試合で移籍後初スタメンを飾った南野拓実だった。


 左サイドハーフで起用された背番号19は、序盤からアグレッシブに仕掛け、ニューカッスル守備陣を翻弄するプレーを披露。そしてチームが2点を追っていた29分には、絶妙のトラップから敵エリア内を突破。最後は左足で豪快なシュートをねじ込み、移籍後初ゴールを決めた。


 リバプールからのローン移籍が決定してからわずか5日目で迎えた“初陣”で目に見える結果を残した南野。その出色のパフォーマンスに、獲得を上層部へ打診したとされるラルフ・ハーゼンヒュットル監督も納得しているようだ。


 試合後の会見で、「我々は簡単に失点をし過ぎた。ああいうところを改善しなければいけない」とチームの改善点を真っ先に訴えつつも、南野については、「素晴らしいゴールだった」と絶賛した。


「入ってからすぐに得点するのはいつだって素晴らしいことだよ。たとえどうゆう状況でもね。今日のミナミノは他にも良い動きを見せていたし、10番の役割でも我々の助けになってくれた」


 日本代表FWのデビューを手放しで称えたオーストリア人監督は、「今日の終盤は彼の良さが活きない展開だった」と振り返りつつも、新戦力への満足感を口にした。


「相手がふさぎ込むような展開になって、ミナミノの試合ではなくなった。それでかなり大変だったと思う。相手のボックス内にどうしてもロングボールを放り込まざるを得ない流れになり、スペースもなかったからね。ただ、その中でも彼は自分が間違いなくチームの助けになれることを示してくれた。本当に素晴らしかった」


 いきなり指揮官を唸らせる活躍を見せた南野。リバプールでは満足な出場機会に恵まれなかったサムライ戦士は、ここから一気にブレイクを遂げそうな気配だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事