「前半は輝きを放った」“犠牲者”となった久保建英をスペイン紙は高評価! 指摘した課題は?

「前半は輝きを放った」“犠牲者”となった久保建英をスペイン紙は高評価! 指摘した課題は?

2021.2.7 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間2月6日に開催されたラ・リーガ第22節で、久保建英が所属するヘタフェが強豪セビージャとアウェーで対戦。後半に退場者を出してから3ゴールを奪われ、0-3の完敗を喫した。


 4試合連続のスタメンに名を連ねた久保は、4-2-3-1の左サイドハーフでスタートしたが、すぐにマルク・ククレジャと左右を入れ替え、得意の右サイドに回った。


 セビージャにボールを支配され、守備に終われる時間が長いなか、攻撃もリスクをかけないロングボール主体となり、日本代表MFはなかなかボールに絡むことができない。それでも44分には、ようやく前を向いてドリブルで持ち運び、ネマニャ・マクシモビッチの惜しいシュートを演出するパスを送るなど、見せ場も作った。


 しかし、スコアレスで迎えた54分、ボールをクリアしようとした際に、敵のMFルーカス・オカンポスの足を踏み付けたとして、キャプテンのCBジェネが一発退場となってしまう。これでDFを追加しなければならなくなったホセ・ボルダラス監督は、久保を下げてエリック・カバコを投入。いわば退場の“犠牲”となるかたちで、59分にピッチを退くことになった。


 スペイン全国紙の『AS』は、個人寸評で「前半は輝きを放ったシーンもあった。よく動いてマッチしていた」と評価。ただ、「後半はディフェンスでのサポートが弱まった」と課題も指摘した。


 前半終了間際の仕掛けなど、今日のヘタフェのなかでは可能性を感じさせる動きを見せていただけに、早期交代が悔やまれる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事