南葛SCの新指揮官が描く発展と進化——「面白くて強いサッカー」その実現への道筋とは?

南葛SCの新指揮官が描く発展と進化——「面白くて強いサッカー」その実現への道筋とは?

2021.2.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 南葛SCの新監督に就任した森一哉監督は昨シーズン、関東サッカーリーグ1部のTOKYO UNITED FCで監督を務めていた。実体験から分析する関東リーグのサッカー。そこに自分たちのサッカーをぶつける2021年シーズン。


 インタビュー企画第2回は、南葛SCが築いてきたこれまでのサッカーを、昇格した関東リーグでどう発展・進化させ、今シーズンを戦い抜いていくのかを聞いた。


 森監督が考える選手主体、技術主体でもたらされる上限なしの勝算とは。


――◆――◆――


 1部と2部の違いはあれど、監督が関東リーグのサッカーを肌で感じているのは心強い。


「昨シーズンを経験した感じでは、レベルは高いです。もちろんチームにもよりますが、Jリーグを本気で目指しているチームが多く、簡単には勝たせてくれません。上を目指しているので手堅いサッカーをしてくるチームが少なからずあります。積極的な選手補強でチーム力を伸ばして勝ちを目指す部分と、個を補うようにして負けないように勝ちを目指す部分があります」


 南葛SCと同じく、近年は将来のJリーグ入りを目指して下のカテゴリから一歩ずつ階段を上がっていくチームが増えている。当然、競争は激化し勝負も厳しくなる。さらに2021年シーズンは、昨シーズンの新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更になったリーグレギュレーションの余波で、10チーム中4チームが自動降格するという厳しい1年になる。勝点1が大きな意味を持つリーグで、手堅いサッカーを選択するのもじゅうぶんうなずける。南葛SCが新シーズン相対するのは、そういったシビれるリーグで戦い続けているチームだ。


「とりこぼさないサッカーをしてくるチームもいる中で、それでも自分のサッカーで勝ちにいくんです」


 森監督が語気を強める。

「これから戦う相手チームにどれだけ力があるかは分かりません。もちろん中には押されるゲーム展開になる試合もあるでしょう。でも、相手が格上だからといって最初から守って勝つといった考えはありません。ここで相手に合わせたサッカーをしてしまったら、何も始まらないと言いますか、それでも自分たちのサッカーを貫くために準備をするのが、今の時期だととらえています」


 相手にボールを持たせて主導権を握るサッカーもある。だが、南葛SCが目指すのは、あくまで自分たちがボールを持つことを前提にしたサッカーだ。


「相手に合わせてサッカーをすることはありません。もちろんゲームの流れの中で守勢になる時間もあるでしょう。主導権を握られる場面もある。その時にどう守り、ボールを奪うか。それは最初から準備しておきます。ただ、最初から引いて守るというような、選手たちのやりたいことを制限することはしません」

  森監督は「戦術より個の能力があって、個の能力が戦術になっていく」ことを強調する。「その方が監督としても楽ですし」と笑うのはご愛敬だ。


 勝利の確率を上げるために、きっちり定めた戦術や決まり事に選手たちを当てはめるやり方もある。いわば論理的なサッカー。論理的なサッカーは確実性が高くプレーの予測がつきやすい。論理的なぶん選手たちはやるべきことを共有しやすくなり、予測ができるぶんカバーもし合える。一方で、相手にも予測されやすく、研究され対策を打たれやすくなる。一長一短があるが、これが「個より戦術がある」ひとつの例だ。


 では「戦術より個がある」とはどういうことか。

「次に何が起こるか分からない、いい意味での意外性、驚きがある。これは個々が技術を伸ばし判断できるようになればできます。ベンチにいる我々ですら“え、そこに出す!?”とワクワクするようなプレーが出た方が楽しい。選手にはそのようなプレーができるように働きかけたいですし、実際に練習ではそういったシーンが出ています。ですので、ある意味僕は今の時点で、すでに楽しませてもらっています」


 選手たちの技術で創造する予測不能なプレー。それが連なることでゴールにつながり、勝利へと結びつく。いわば自由なサッカー。そんなファンタジックなプレーができれば最高に楽しい。そこにはもちろん難しさが伴うが、個々の技術さえあればカバーすることができる。逆に捉えれば、個々の技術が向上すれば向上するほど、自由なサッカーの威力はどこまでも増していく。


 監督が戦術を敷いて勝ち方を決めれば、勝ち方は限られる。一方で、選手が自由に勝ち方を創造していけば、勝ち方は無限だ。南葛SCが求めるのは——後者の勝ち方だ。そして、今の南葛SCには素地となる技術がすでにある。

  森監督の話を聞いていると、島岡健太前監督の言っていたことが思い返される。「ワクワクするサッカー」などキーワードも重なる部分がある。やはり岩本義弘GMが言う「同じ言語」(インタビュー前編を参照)を使うのだな、と上辺ながらに感じてしまう。そうなると、昨シーズンのサッカーがどのように発展、進化されていくのか、否が応にも期待感は高まる。


「これまでの選手たちや監督、コーチはじめ、スタッフのみなさんで作り上げてきた南葛SCのサッカーが、クラブとしていい形に繋がっていると感じます。その南葛SCが求めるサッカーに則って僕に声をかけてもらった。僕としては選手たちに、この先Jリーグを目指すプロセスの中で、引き続きベースを作り上げていく使命、意識を持って取り組んでほしいと思っています」


 新型コロナウイルス感染拡大の影響は止まず、2021年シーズンも通常通りのリーグが開催できるかは依然として不透明だ。昨シーズン同様無観客での試合実施もあり得る。


「無観客の試合も多くなるかもしれませんが、サポーターのみなさんがネット中継で画面越しでも楽しんで喜んでもらえるようにベストを尽くしていきたいと思います。南葛SCがこれまで築き上げてきたサッカーを継承して、内容と結果の両方にしっかりこだわり今年1年で昇格できるよう、しっかり準備してやっていきますのでよろしくお願いします」


 サポーターにそうメッセージを送る森一哉監督の目には、確かな自信が宿っていた。

(このシリーズ了)


取材・文●伊藤 亮(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事