“冷遇”続く久保建英、5試合ぶりの先発ならず…注目の左サイドはアレニャを起用

“冷遇”続く久保建英、5試合ぶりの先発ならず…注目の左サイドはアレニャを起用

2021.3.6 ・ 海外サッカー

シェアする

 3月6日に開催されるラ・リーガ第26節で、バジャドリーと敵地で対戦するヘタフェがスタメン11人を発表。久保は5試合連続のベンチスタートとなった。


 前節のバレンシア戦に3-0の快勝し、連敗を「4」でストップさせたものの、このバジャドリー戦では、ここまで全試合で先発しているマルク・ククレジャが累積警告で出場停止。不動の左サイドハーフの代役を誰が務めるのかが注目され、久保も候補のひとりに挙げられていたが、カルレス・アレニャが起用されたため、5試合ぶりの先発はならなかった。


 バレンシア戦で与えられたのはわずか5分とホセ・ボルダラス監督の“冷遇”が続く久保。このバジャドリー戦では、どれだけのプレータイムを与えられるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



  

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事