「アサノは給料を受け取った」? パルチザンが浅野拓磨への“支払い”を主張も、移籍先で意見の相違か

「アサノは給料を受け取った」? パルチザンが浅野拓磨への“支払い”を主張も、移籍先で意見の相違か

2021.5.4 ・ 海外サッカー

シェアする

 5月2日、セルビア1部のパルチザンに所属する浅野拓磨は、クラブとの契約解除に至ったと自身のブログとSNSで報告。しかし、クラブ側は「契約違反である」と反論。国際サッカー連盟(FIFA)の管轄組織に提訴を辞さない姿勢を見せている。


 この一報は、セルビア内でも大きな反響を呼んでいる。現地紙『BLIC』は「フットボール界においてこれ以上ない衝撃的な出来事」と伝えた。同紙によれば、パルチザンはこの件をFIFAの仲裁裁判所に持ち込み、300万ユーロ(約3億7500万円)を要求すると報じている。ただ、法的な決着がつくまでには2年間かかるだろうとの見通しだ。


 そんななか、『BLIC』はさらに新たな情報として、「クラブは浅野に給料を支払っていたという情報がある」と報じた。

 「パルチザンは弁護士を通じて100万ドルの損害賠償を要求するようだ。浅野は給料未払いを理由に金曜日に退団し、今夏の移籍も拒んだ。そこでクラブは訴訟を発表。そして、新年から24万ユーロ(約3000万円)を浅野が受け取っていることを明かした」


 同紙によれば浅野はすでに日本へ帰国しており、本人とは直接の連絡が取れなくなっているという。また、浅野とクラブが移籍先でもめていたことも伝えている。


「彼は給与を受け取りながらも、クラブ側から提案した移籍を拒否したという。クラブはアラブ首長国連邦(UAE)に移籍先を見つけたていたが、浅野はヨーロッパ西部への移籍を希望していた。また、彼の弁護士を通じて、クラブにはもう戻らないというメッセージが送られているという」


 パルチザン側は1月と2月の給料を期限内に支払ったことと、浅野からの苦情を受け、昨年分の未払いである14万ユーロが3月に支払われていると主張しているという。その合計額が24万ユーロようだ。


 浅野が契約解除を宣言し、反論するクラブの声明が発表された後、浅野側からの発信はない。今後の動向が注目される。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事