「まさかCLに出場できない?」エムバペが足を引きずって決戦の地に上陸! フランス中に衝撃が走る【現地発】

「まさかCLに出場できない?」エムバペが足を引きずって決戦の地に上陸! フランス中に衝撃が走る【現地発】

2021.5.4 ・ 海外サッカー

シェアする

 キリアン・エムバペの姿に、フランス中が騒然としている。


 チャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝セカンドレグのマンチェスター・シティ対パリ・サンジェルマン戦(現地時間4日夜)を前にした3日、パリSGのバスが現地の宿舎に到着。ところがバスから降りたエムバペが、足を引きずっていたため、ソーシャルネットに火が付いた。


 エムバペはホームでのファーストレグ(4月28日、1-2)開始直前に、右太ももを手で押さえて苦渋の表情をみせていた経緯がある。試合中も冴えず、見せ場をつくれないまま敗北した。怪我は大腿部の打撲または筋肉拘縮で、リーグ・アン第34節のメス戦(4月24日)で削られたもの。このためエムバペは、シティ戦に次いで行なわれた第35節のランス戦(5月1日、1-0)に出場せず、2日のトレーニングにも参加しなかった。


 ただ、クラブや近親者たちの情報から楽観的な見方も広がっており、遠征メンバーにも入ったため、サポーターはひとまず安堵していた。メディアの議論は「エムバペを先発させるべきか、それともジョーカーで投入すべきか」だった。

  そんなところに、今回の映像が出たからたまらない。しかもマウリシオ・ポチェティーノ監督も、「私はキリアンの状態を心配している」と語り、現地で行なわれる3日のトレーニングも個別メニューになることが判明した。


 フランスではありとあらゆる憶測が広がっている。「あの姿はまるで年寄りの歩き方。大根役者だな」(ソーシャルネット)と笑うファンや、「敵を攪乱する目的かも?」(討論番組司会者のエステル・ドゥニ女史)など、演技説もあがった。


 こうした憶測に対して、討論番組に出演していた元ポーランド代表リュドビク・オブラニャックは、「ペップ・グアルディオラ相手にそんなことをするはずがないし、しても意味がない」と反論した。


「太ももの筋肉拘縮というのは、エコーでも見えない非常に厄介な代物。痛みが消えたと思ってプレーすると、スプリントした途端に再発することもあって、なかなか治らない。医者に判断材料がない以上、本人が判断するしかないが、僕は『選手の健康第一』と思っている」 元フランス代表監督のレイモン・ドメネクも、「単なる打撲なら別だが、筋肉拘縮の場合は、治すのに時間がかかるから難しい。しかも彼の場合、この後たくさんのタイトルがかかってくるし、代表のEUROもある。微妙な判断になってくるな」と眉をひそめた。


 だが、エステル・ドゥニ女史がオブラニャックに、「元選手だから聞くけど、あなたがエムバペの立場だったらどうするの? 確かにまだリーグタイトルもEUROもあるけれど、でも天下のチャンピオンズ・リーグ準決勝よ」と聞くと、オブラニャックはわずかな沈黙の後に「出る」と笑った。スペシャリストたちの意見もほぼ同様で、「エムバペはプレーすることを選ぶだろう」だった。


 一方、ドーバー海峡の向こう側でも、同じ言葉が響いていた。グアルディオラ監督が、「エムバペは絶対にプレーする、そう確信している」と記者会見でニヤリ。その表情からは「私の目は誤魔化せない」という自信のようなものさえぎらついていた。

  そんななか、もうひとりのエース、ネイマールはと言えば、珍しく『パリSG TV』に出演して、「パリジャンは僕たちを信じるべきだと思うな! 僕は最前線にいるし、チームのために戦いに行く最初の戦士になるよ。自分のベストを尽くして、何が何でもファイナル進出をもたらすように全てのことをする。たとえピッチ上で死ななくちゃいけなくても、だ」と勇ましいメッセージを流した。


 果たしてエムバペは試合に出るのか、出られないのか?


 会場となるエティハドは、エムバペが2017年2月、華々しくヨーロッパにデビューを飾った場所だ(当時はモナコ所属)。CL初出場にもかかわらず初ゴールを決め、欧州を愕然とさせたものだった。ワールドカップ2018年ロシア大会で、世界中がエムバペを発見する前の話である。


 現地時間4日午前0時時点でも、エムバペが出場するかどうかは謎のままだ。


取材・文●結城麻里

text by Marie YUUKI

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事