日本と同組の仏五輪代表監督、選手の一次リストを提出! エムバペとともに、35歳の熟練FWがOA枠候補に【現地発】

日本と同組の仏五輪代表監督、選手の一次リストを提出! エムバペとともに、35歳の熟練FWがOA枠候補に【現地発】

2021.5.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 東京オリンピックで日本と同組になったフランスに、強力な助っ人出現の可能性が浮上してきた。


 フランス中をあっと言わせたのは、『Canal+』のリーグアン中継でピッチ担当を務める親日家の元選手ローラン・パガネリだ。9日におこなわれたサンテティエンヌ対マルセイユ戦の真っ最中に、「デデが東京オリンピックに出場するかもしれないよ」とコメントしたため、驚いた解説者が思わず聞き直した。これに対してパガネリは、「ちゃんとしたニュースさ」と返答した。


 これを受け、権威あるスポーツ専門全国紙『L’EQUIPE』は翌10日、独自取材のうえでこの事実をコンファーム。それによるとエスポワール代表(U-24フランス代表)のシルヴァン・リポル監督は、「CNOSF」の略称で知られるフランスのオリンピック・スポーツ全国委員会に、五輪の「プレリスト(事前リスト)」と呼ばれる80人規模のリストを提出したという。


 これはあくまで「可能性のある選手」のリストで、候補者を絞り込む前段階の状態ではあるが、そこにはフランス代表FFWキリアン・エムバペら若手の名前とともに、間違いなく「デデ」ことアンドレ=ピエール・ジニャック、35歳の名が入っていたという。


 かつてマルセイユで活躍した後、メキシコのUANLティグレスに移籍したジニャックは、強靭なメンタルとゴールセンスでクラブを牽引。2020年の南米チャンピオンズリーグでも、大会得点王と大会MVPに輝いたばかりだ。

  しかも、シルヴァン・リポル監督とは固い絆で結ばれてもいる。


 実は彼、トゥールーズやマルセイユで活躍する前にフランスのロリアンでプレーしていた時代がある。当時の監督が他ならぬリポル監督だった。いわば若き日の恩師であるリポル監督も、ジニャックについては良い思い出を抱いており、オーバーエイジ枠で若い選手たちの中に入ってもやっていけるばかりか、まとめ役になれるかもしれないと見ているようだ。


 加えてジニャックの場合、A代表とのスケジュール競合も起こらない。


 最後にディディエ・デシャン監督に招集されたのは、2016年10月10日のオランダ戦(1-0で勝利)。そこまでA代表で36試合出場・7ゴールを刻んだが、以後は招集されておらず、現在の豊富な前線から見て、ジニャックがEURO2021(6月11日~7月11日)のA代表メンバーに入ることは、まずないと見られる。

  また、クラブとの対立も避けられる可能性が高い。


 そもそもクラブには、保有する選手のオリンピック招集に応じる「義務」はない。とくに試合数が混む場合は、重要な選手の体力温存を優先する。だが南米のクラブはEUROとは無縁だ。したがってティグレス指導部は、FIFA主催コンペティションが競合して入ってこない限り、ジニャック解放に反対しないと見られる。


 本人はどうかと言えば、この3月にフランスのラジオでフランス代表への熱愛を強調したばかり。「国を代表するとなったら、ウィだのノンだのと言う余地はなく、それは義務なんだ!」と断言していた。「本人のみぞ知る」ではあるが、もしかするとこの発言も、オリンピックのオーバーエイジ枠を念頭に置いていたのかもしれない。


 リポル監督が提出した「プレリスト」は、80人を超す膨大なリスト。あくまでも「招集するかもしれない選手」の域を出ないもので、最終的にはたった18人の「ファイナルリスト」に絞り込まれる。またフランスはエスポワール代表レベルでも、エムバペなどすでに攻撃陣がかなり豊富だ。


 ただ、数奇な運命と言うべきか、フランス代表の初戦の相手はまさにメキシコ。ジニャックの東京行きも、さほど頓狂な夢物語とは言えなくなってきた。


取材・文●結城麻里

test by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事