ニ度のリードを追いつかれたバルサ、レバンテに3-3の痛恨ドロー! 優勝戦線から大きく後退

ニ度のリードを追いつかれたバルサ、レバンテに3-3の痛恨ドロー! 優勝戦線から大きく後退

2021.5.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間5月11日に開催されたラ・リーガ第36節で、首位のアトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う3位のバルセロナが、残留がほぼ確定しているレバンテと敵地で対戦した。


 勝てば暫定ながら首位に立ち、アトレティコとレアル・マドリーにプレッシャーをかけられるバルサは、序盤からゲームを支配し、26分に先制ゴールを奪う。左WBジョルディ・アルバのクロスが敵にリフレクトしたボールをメッシが倒れ込みながらの鮮やかなボレーでネットを揺らした。


 さらに34分にも、ドリブルで持ち上がったメッシのパスを受けたデンベレの折り返しをペドリが流し込み、あっさり追加点を奪う。


 バルサの余裕の勝利かと思われたゲームは後半に一変する。57分にミラモンのクロスに合わせたメレロのヘッド弾で1点を返されると、その3分後にもビルドアップの際にメッシのミスでボールを奪われ、最後はモラレスのシュートで被弾。わずか3分で追いつかれる。



 しかし64分、ショートカウンターから、メッシ→グリエーズマンと繋ぎ、最後はデンベレが強烈なシュートを叩き込み、再び勝ち越しに成功する。



 だが、試合はまだ終わっていなかった。83分にトーニョのクロスからセルヒオ・レオンに痛恨の同点ゴールを許す。



 試合はこのまま3-3のドローで終了。バルサにとっては、優勝戦線から大きく後退する痛すぎる引き分けとなった。



構成●サッカーダイジェストWeb編集部


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事