トッテナムの新監督がついに決定か? 前ローマ指揮官フォンセカと交渉中と現地報道!「双方とも確信」

トッテナムの新監督がついに決定か? 前ローマ指揮官フォンセカと交渉中と現地報道!「双方とも確信」

2021.6.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 難航しているトッテナムの監督選びがついに決まるかもしれない。


 現地時間6月9日、移籍専門記者のファブリツィオ・ロマーノ氏は、トッテナムが前ローマ監督のパウロ・フォンセカと交渉中だと報じた。


 ロマーノ記者によれば、ユベントスを離れてスパーズの新SDに就任することが決まっているファビオ・パラティッチが、フォンセカを高く評価しており、3年契約について直接交渉。2020-21シーズン終了をもってローマの監督を更迭された48歳のポルトガル人指揮官は、就任に前向きで、「双方とも確信している」という。

  今年4月にジョゼ・モウリーニョ(新シーズンからローマの監督に就任)を電撃解任し、シーズン終了までクラブOBのライアン・メイソンが暫定監督を務めたトッテナムは、後任選びに苦戦。先日もインテルを退任したアントニオ・コンテとの交渉が決裂していた。


 もしフォンセカの就任が決定すれば、ローマとトッテナムが監督を交換するかたちで新シーズンに挑むことになる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事