パリSGがオランダ代表MFヴァイナルダムの獲得を正式発表! バルサ移籍目前からなぜ翻意したのか?

パリSGがオランダ代表MFヴァイナルダムの獲得を正式発表! バルサ移籍目前からなぜ翻意したのか?

2021.6.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間6月10日、パリ・サンジェルマンは、リバプールとの契約が今月末で切れるオランダ代表MFジョルジニオ・ヴァイナルダムを獲得したことを正式に発表した。


 契約満了のため移籍金は発生せず、契約期間は23-24シーズン終了までの3年間となっている。


 30歳のMFは当初、同胞のロナルド・クーマン監督が率いるバルセロナへの移籍が目前と見られていた。だが、移籍専門記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、パリSGがバルサの2倍のサラリーを提示。マウリツィオ・ポチェティーノ監督も選手に連絡をして口説き、“強奪”に成功したという。


 5年間在籍したリバプールでは攻守にアグレッシブなプレーで、チャンピオンズ・リーグ制覇やプレミアリーグ戴冠に貢献した男が、リーグ4連覇を逃したパリSGにどんな効果をもたらすのか。新天地での活躍に注目が集まる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事