E・ガルシアはなぜバルサを離れ、なぜ戻ってきたのか。「本当は退団を望んでいなかった」【現地発】

E・ガルシアはなぜバルサを離れ、なぜ戻ってきたのか。「本当は退団を望んでいなかった」【現地発】

2021.6.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 エリク・ガルシアが4年ぶりにカンプ・ノウへの帰還を果たした。ラ・マシアを後にするカンテラーノの多くの選手が夢見ることだが、実際に実現できるのは少数の選ばれた者だけだ。


 E・ガルシアはプレベンハミン(U-7)からバルサに所属。4年間の間にマンチェスター・シティで心身ともに成長を遂げ、11日に開幕するEUROのスペイン代表のメンバーにも名を連ねている。


「復帰したいという希望が叶った。すべての情熱を注ぐ覚悟だ。バルサのトップチームでプレーすることが僕の夢だった。とても満足している。プレベンハミンから始まった道の終着点のようなものだ」


 入団記者会見の席で、20歳のDFはこう声を弾ませた。


 エリク・ガルシアがバルサを退団したのはカデーテA(U-16)からフベニールB(U-18)に昇格するタイミングだった2017年夏。クラブと契約延長の話し合いを行う中で、翌シーズンからフベニールの一員になるという言葉以上の信頼を得ることができなかったことが原因だった。


「指導者、選手を問わず、われわれにとってエリクはラ・マシアの顔だった。でもクラブは契約延長交渉の中でそのステータスに相応しい条件を提示しなかった。本当は退団を望んでいなかったんだ。エリクはバルサのことを根っから愛しているからね」


 その舞台裏をそのシーズン、E・ガルシアを指導し、現在はU-21UAE代表の監督を務めるフランク・アルティガが明かすと、選手本人もこう説明する。「クラブにおけるカンテラの位置づけが今ほど高くはなかったのかもしれない」


 そしてそんな中、舞い込んだのがシティからのオファーだった。「とても魅力的なプロジェクトだった」とその熱意にも後押しされ、海を渡ることを決意する。当初はイングランドサッカーへの適応に苦しんだが、それも成長を妨げる要素とはならなかった。


 ジョゼップ・グアルディオラ監督が「信じられないほど素晴らしい選手だ。守備全体を統率する。洞察力と集中力に長け、精度の高いプレーを見せる」と称賛するインテリジェジェンスの高さを武器にめきめきと頭角を現し、2年目にはトップチームデビューを果たした。当然、グアルディオラは長くその成長を見守る考えだったが、しかしE・ガルシアは古巣復帰の道を選んだ。

  もっとも、決して簡単な道のりではなかった。昨秋、今冬とニ度にわたって両クラブ間で交渉が行われるも、いずれも条件面で折り合いがつかず、E・ガルシアが半シーズン、無償でプレーすることを提案したほどだった。当然、シティでの出場機会は限られ、ベンチを温める試合が続いた。


「出番は限られた。チームは素晴らしいシーズンを送り、その意味では満足度は高い。でも難しい時期を過ごしたことは否定しない」と、苦難の道のりだったことを認めている。


 しかし3度目の正直で、念願叶って復帰が実現した。クラブ内でも歓迎する声が上がっている。「エリックにはバルサがどんなサッカーをするか事前に把握しているというアドバンテージがある。いわゆるバルサ仕様のセンターバックだよ。フィード能力にも優れているしね。トップチームの要求レベルにもスムーズに対応できるはずだ」


 アルティガも同調する。「わたしが指導していた頃から、同世代の選手と比べて、大人びた子供だった。つまりそれだけ自分というものをしっかり持っている証だ。カンプ・ノウの重圧に怖気づくようなこともないだろう。同時に謙虚さもエリックの魅力の一つだ。ロッカールームにもすぐに溶け込めるはずだ」

  今後の成長にも、こう太鼓判を押す。


「とにかく向上心の強い選手でね。よくわたしにも質問攻めにしていたものだよ。戦術に忠実なプレーを見せる。ただその分、どのタイミングで2列目の選手に縦パスを通すのか、ロングボールを放り込むのか、一つ一つ納得させる必要があった。ビルドアップの局面でどういったプレーをすればいいのかというのが彼の一番の関心事だった。どうすれば自分が輝けるかちゃんと理解している」


「まだまだ学ぶべきことはたくさんある。でもシティでいろいろな経験をして大きく成長できたという自負はある」と本人はこう明言する。


 エリク・ガルシアの第2章が始まる。


文●ジョルディ・キシャーノ(エル・パイス紙バルセロナ番)

翻訳●下村正幸


※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙のコラム・記事・インタビューを翻訳配信しています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事