【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」 ポルトガル代表編】浮かび上がるのはC・ロナウド不要論?

【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」 ポルトガル代表編】浮かび上がるのはC・ロナウド不要論?

2021.6.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 6月11日に開幕するEURO2020。果たして優勝候補の命運を左右する選手は誰なのか? データから導き出した「切り札」とは――。


――◆――◆――


 クリスチアーノ・ロナウドはポルトガル代表に絶対不可欠なのだろうか?

「いやいや、それは愚問でしょ。クリロナのいないポルトガルなんて」

 聞こえてくるのはそんな声だ。まあ、そうだよね。そりゃ、そうだ。


 いや、違う。

 そうじゃない。と、数字が異議を申し立てている。え、本当に? 果たしてどんな異議があるというのか、少しだけ耳を傾けてみようか――。


  ◇  ◇ ◇


 EURO2020が1年遅れでいよいよ開幕する。優勝候補は8か国というのが、どうやらもっぱらの前評判らしい(そこは疑わず、先に進みます)。


 優勝候補がその8か国だとして、それでは各国の「切り札」はいったい誰なのか。本当にC・ロナウドなのか。

 ワールドカップやEUROの歴史を紐解けば、意外なヒーローや、彗星のごとく出現したラッキーボーイも大会の行方を決定づける切り札となってきた。ただし、そんな「隠れた切り札」を事前に探し出すのは難しい。それはそうだ。今回のEUROには600人以上の選手がエントリーされている。そこから切り札まで上り詰めるには、実力だけでなく、運も物を言うだろう。結局、予想は無難なところに落ち着く。ポルトガルはなんだかんだで、クリロナ次第でしょと。


 本当にそうなのか。ポルトガルの命運を大きく左右する選手は他にいて、人知れず牙を研いでいるのではないか――。

 そこで、考えた。どんな選手が、どのような状態でEUROを迎えるか、まるで知らなくても、手軽に切り札を探し出せる方法はないものか。こっち、こっちと手招きするのが、数字だったのだ。


 データを扱う会社に相談し、議論を重ね、仮説を立てた。巡り巡って、辿り着いた答はこうだった。複雑に考えすぎず、シンプルに勝率を比較するだけで、ある程度の予想ができるのではないか。

 C・ロナウドが出場した試合の勝率は、本当に高いのか。

 C・ロナウドが出場しなかった試合の勝率のほうが、実は高いのではないか。

 それだけだ。

 それだけなのに調べてみると、意外な数字がいくつも浮上した。


 ちなみにC・ロナウドのA代表歴は、なんと174試合。遠い過去まで遡りすぎると、今の実情から離れてしまいかねない。そこで分析対象は直近の30試合とした。



 親善試合は除外した。ポルトガルの分析対象はW杯の地域予選と本大会、EUROの予選と本大会、UEFAネーションズ・リーグ、FIFAコンフェデレーションズ・カップの直近30試合(2016年9月6日のスイス戦~)だ。


 数字の精度を高めるべく、さらに工夫を施した。

 UEFA加盟の、最新FIFAランクで下位を占めた15か国との対戦も、対象外とする必要ありと判断したからだ。優勝候補8か国にしてみれば、勝って当たり前の相手ばかりなのだから。ポルトガルの場合はFIFAランク96位のルクセンブルク戦×3試合、110位のアゼルバイジャン戦×1試合、113位のフェロー諸島戦×2試合、134位のリトアニア戦×4試合、158位のアンドラ戦×2試合をカットした。


 前置きが長くなった。

 EURO2016の王者で、大会連覇を目指すポルトガルの「切り札」を探しにいこう。

  主力組で個人勝率が高いのは、

・アンカーのダニーロ・ペレイラ(63%/出場19試合で12勝)

・インサイドハーフのブルーノ・フェルナンデス(64%/14試合9勝)

・同じくインサイドハーフのジョアン・モウチーニョ(59%/22試合13勝)

 の3人だ。


 中盤に彼らがいないとポルトガルの勝率も下がる。ダニーロ不在の試合は勝率36%(11試合4勝)、B・フェルナンデス不在なら勝率は44㌫(16試合7勝)、モウチーニョ不在なら勝率は38%(8試合3勝)にとどまった。


 ただし、この3人には信頼に足る代役がいないわけではない。ダニーロの代わりにアンカーが務まるルベン・ネベスは勝率71%(7試合5勝)で、不在時勝率も48%(23試合11勝)と低いほうだ。B・フェルナンデスやモウチーニョの穴も、ネベスやセルジオ・オリベイラ(勝率60%/不在時勝率52㌫)で埋まるのではないか。


 ポルトガルの切り札は、実は最終ラインに隠れているのかもしれない。不安を抱えているセクションなので、切り札の出現が待たれていると言うべきか。

  CBのジョゼ・フォンテは勝率40㌫(15試合6勝)で、不在時勝率は67%(15試合10勝)とかなり高い。左サイドバックのラファエウ・ゲレイロは勝率43%(21試合9勝)で、不在時勝率は78%(9試合7勝)に跳ね上がる。失礼な言い方だが、どちらも不在のほうが勝てそうではないか。


 幸いCBには、マンチェスター・シティで活躍しているルベン・ディアス(勝率53%/17試合9勝。不在時勝率54%/13試合7勝)という軸がある。だとすればカギを握ってくるのは、W杯とEUROを合わせて今回が7大会目の出場となる38歳の大ベテランで、勝率が57%(23試合13勝)、不在時勝率は43%(7試合3勝)のペペという見方もできる。

  CBのペペとともに切り札となりえるのは、18歳にして今大会の登録メンバーに抜擢された左サイドバックのヌーノ・メンデスかもしれない。分析対象30試合における勝率は0%だったが、出場したのは1試合のみ。今年3月のW杯予選は、それぞれ勝利を収めたアゼルバイジャン戦とアンドラ戦の2試合(どちらも対象30試合には含まれていない)に先発フル出場している。

 


 最も意外な数字は、C・ロナウドだった。勝率は50%(22試合11勝)にとどまり、不在時勝率(62%/8試合5勝)のほうが高かったのだ。勝率50%から不在時勝率62%を引いた「-12%」は、ポルトガルのエントリーメンバー中、下から数えたほうが早い19位だと数字は語る(ランキングはこちら)。CFの、つまりC・ロナウドの控えと予想されるアンドレ・シウバは勝率50%(20試合10勝)、不在時勝率60%(10試合6勝)だったので、実はクリロナと大差がない。


 クリスチアーノ・ロナウドはポルトガル代表に絶対不可欠なのだろうか?


 もしかするとこれ、もう“愚問”じゃないかもしれませんね。


データ参照元


取材・文●手嶋真彦

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事