途中出場のデ・ブルイネの逆転弾でベルギーが決勝T進出を確定!デンマークは2分で先制も、エリクセンに初勝利を届けられず

途中出場のデ・ブルイネの逆転弾でベルギーが決勝T進出を確定!デンマークは2分で先制も、エリクセンに初勝利を届けられず

2021.6.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間6月17日に、EURO2020のグループステージ(B組)第2戦、デンマーク対ベルギーが、前者の首都コペンハーゲンで開催された。


 第1戦は、エリクセンが心停止になるというショッキングなアクシデントもあり、フィンランドに0-1で敗れたデンマークと、エースのルカクの2ゴールなどでロシアに3-0と快勝したベルギーという、好対照な結果となったこの対戦は、開始2分でいきなり動く。


 ゴール前でパスカットしたホイビェアからラストパスを受けたポウルセンが、右足で冷静にゴール左に流し込んだ。地元の大歓声を受けるデンマークが、ファーストチャンスでいきなり先制点を奪う。


 10分には背番号10に合わせ、1分間プレーを中断。両チームの選手、サポーター、審判が病院で戦うエリクセンに向け、激励の拍手を送った。


 中盤以降も押し込んだのはデンマーク。35分にはダムスゴーが相手数人に囲まれながらも個人技で翻弄し、最後はペナルティエリア右から左足でシュートを放つも、わずかにゴール左に外れてしまう。


 1点ビハインドのベルギーは、44分にゴール前の好位置でFKを獲得。キッカーを務めたカラスコはクロスを選択するが、味方には合わずにゴールラインを割ってしまう。

  前半はほとんどチャンスを作れずに終わったベルギーは、後半頭から負傷明けのデ・ブルイネを今大会初めてピッチに送り込み、状況の打開を図る。


 すると55分、右サイドを突破したルカクからペナルティエリア右でパスを受けたデ・ブルイネが、相手をひきつけ中央へパス。これに反応したトルガン・アザールが難なく押し込み、同点に追いつく。


 一気に逆転を目指し、直後の59分にはエデン・アザールと、左アキレス腱断裂で長期離脱していたヴィツェルを投入。自慢の攻撃陣にさらに厚みを持たせる。


 迎えた70分、ベルギーがついに逆転に成功する。ワンタッチでテンポよくパスを繋ぎ、最後はE・アザールからゴール左でパスを受けたデ・ブルイネが、鋭いコントロールシュートで、鮮やかにネットを揺らした。


 最低でも勝点1を奪いたいデンマークは、75分にはブライトワイトがゴール前でシュートを放つも、相手守護神クルトワに防がれる。


 試合はこのまま終了。前半とはまったく違う姿を見せたベルギーが2-1で逆転勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。一方、連敗のデンマークは、まだ突破の可能性は残すも、苦しい状況となった。


 21日に行なわれるグループステージ最終戦で、デンマークはロシアと、ベルギーはフィンランドと対戦する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事