【総体予選】北海道の2枠が確定! 土曜日に開催される関東7会場の「準決勝カード」を全紹介!

【総体予選】北海道の2枠が確定! 土曜日に開催される関東7会場の「準決勝カード」を全紹介!

2021.6.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 6月18日、令和3年度・全国高校総体(インターハイ)は男子サッカーの北海道予選が開催され、新たに2枠が確定した。


 準決勝第1試合で対峙したのは札幌大谷と帯広北。拮抗した攻防戦は1-0で前者がモノにし、2大会ぶりの出場切符をゲットした。続く第2試合は旭川実が東海大札幌と対戦し、2-0の快勝を飾っている。本大会行きを決めた両雄は14時半キックオフの決勝戦で、第1代表の座を争う。


 明日19日は東京(2枠)と神奈川(2枠)で出場校決定戦の準決勝が行なわれる。東京予選の対戦カードは帝京vs堀越と、駿台学園vs実践学園。帝京が10年ぶりの、駿台学園が初めての出場を狙う。準々決勝で桐光学園、日大藤沢、桐蔭学園が姿を消した神奈川予選は、近年のなかではフレッシュな顔合わせとなった。こちらは東海大相模vs横浜創英、相洋vs湘南工大附の2カードが組まれている。

  他の関東会場もいよいよ佳境だ。土曜日には千葉予選・準決勝(流経大柏vs専大松戸、暁星国際vs習志野)、群馬予選・準決勝(前橋育英vs高崎経済大附、健大高崎vs桐生一)、栃木予選・準決勝(矢板中央vs宇都宮短大附、佐野日大vs真岡)、茨城予選・準決勝(明秀日立vs水戸工、鹿島学園vs古河一)、山梨予選・準決勝(帝京三vs日大明誠、日本航空vs韮崎)が開催され、1週間後の決勝カードが確定。昌平、正智深谷、西武台などが勝ち残っている埼玉予選は19日に準々決勝、20日に準決勝が実施される。


 インターハイはこれまでに42の代表校が決まり、来週末の6月23日には全出場52校が出揃う。2年ぶりの本大会開催となるインターハイ・サッカー競技は、8月14~22日まで福井県各地で行なわれる。6月18日時点での出場決定校は以下の通りだ。


【北海道】札幌大谷(2大会ぶり6回目)

【北海道】旭川実(3大会ぶり6回目)

【青森】青森山田(21年連続24回目)

【岩手】専大北上(2大会連続2回目)

【秋田】西目(2大会ぶり8回目)

【山形】東海大山形(22大会ぶり3回目)

【宮城】仙台育英(2大会ぶり20回目)

【福島】尚志(11大会連続13回目)

【新潟】開志学園JSC(6大会ぶり3回目)

【富山】高岡一(4大会ぶり4回目)

【石川】星稜(9大会連続29回目)

【福井①】丸岡(2大会連続32回目)

【福井②】福井商(2大会ぶり3回目)

【長野】都市大塩尻(9大会ぶり5回目)

【静岡】静岡学園(3大会ぶり7回目)

【愛知】中京大中京(3大会ぶり21回目)

【岐阜】中京(2大会ぶり4回目)

【三重】三重(2大会ぶり6回目)

【滋賀】比叡山(初出場)

【京都】東山(2大会ぶり3回目)

【大阪①】阪南大高(4大会連続5回目)

【大阪②】大阪桐蔭(5大会ぶり8回目)

【兵庫】関西学院(53大会ぶり2回目)

【奈良】山辺(初出場)

【和歌山】初芝橋本(4大会連続17回目)

【鳥取】米子北(13大会連続16回目)

【島根】立正大淞南(2大会ぶり14回目)

【岡山】岡山学芸館(3大会ぶり5回目)

【広島】瀬戸内(2大会ぶり7回目)

【山口】高川学園(2大会ぶり23回目)

【徳島】徳島市立(7大会連続19回目)

【香川】尽誠学園(17大会ぶり2回目)

【愛媛】新田(2大会ぶり8回目)

【高知】高知中央(2大会ぶり3回目)

【福岡】飯塚(初出場)

【佐賀】佐賀東(2大会ぶり15回目)

【長崎】長崎総科大附(3大会ぶり4回目)

【熊本】大津(3大会連続21回目)

【大分】大分(3大会連続13回目)

【宮崎】日章学園(5大会連続16回目)

【鹿児島】神村学園(4大会連続7回目)

【沖縄】那覇(5大会ぶり6回目)


構成●高校サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事