【消えた逸材】ミランとドイツ代表で期待されたMFの転落…それでも夢はW杯出場!

【消えた逸材】ミランとドイツ代表で期待されたMFの転落…それでも夢はW杯出場!

2021.7.26 ・ 海外サッカー

シェアする

アレクサンダー・メルケル(MF/カザフスタン代表)

■生年月日/1992年2月22日    

■身長・体重/179cm・73kg    


 ときは2010年12月。若手逸材の台頭が目覚ましいドイツに、またひとりスター候補生が出現した。マリオ・ゲッツェやマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンと同じ92年生まれのテクニシャンで、ミランに所属するMFアレクサンダー・メルケルがチャンピオンズ・リーグ(CL)にデビューしたのだ。


 弱冠18歳のプレーメーカーはその翌月にセリエAの舞台に初めて立ち、同20日のコッパ・イタリア(バーリ戦)でプロ初得点を記録した。このインパクトが大きかったのは、当時のミランがスター軍団だったゆえ。CLデビューのわずか1か月前まで、プリマベーラ(U-19チーム)で先発とベンチスタートを繰り返していた青年が、ロナウジーニョやアンドレア・ピルロ、クラレンス・セードルフら名手と中盤を形成する。人々の好奇心を掻き立てるには十分なニュースバリューがあった。

 

 なかには「時期尚早。実力が伴っていない」との見方もあったが、「有望なデビュー」(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)、「天才児」(コリエレ・デロ・スポルト紙)といった現地からの発信に、ドイツのメディアも呼応した。メルケルの両親がドイツ系ロシア人のため、気の早いことに「欧州サッカー界でもっとも注目に値する若き才能のひとつを失う可能性がある」と、ドイツ代表への早期招集を催促するような記事も見られたほどだ。

  しかし、A代表待望論が本格化することは一度としてなかった。スター軍団の中で思うように出番を増やせなかったメルケルは11年夏、共同保有先となったジェノアへと移籍。前半戦だけでセリエA13試合に出場すると、冬にはMFの怪我人が相次ぐミランから呼び戻される。だが、その直後にみずからが膝の怪我で離脱。12年夏に復帰したジェノアではバックアッパーに甘んじ、13年1月にウディネーゼ移籍と、有望株のキャリアは停滞してしまう。この頃にはすでにドイツのユース代表から疎遠になっていた。


 その後、ウディネーゼでも飛躍の兆しを見せないメルケルに転機が訪れた。ブンデスリーガのクラブからオファーが舞い込んだのだ。しかし、本人も前向きだった渡独は叶わず、ウディネーゼとオーナーが同じワトフォードにレンタル。メルケルは後に『transfermarkt』(ウェブサイト)のインタビューで「本当にがっかりした」と振り返っている。 15年には新たなレンタル先のグラスホッパーで十字靭帯を断裂。結局、16年夏にウディネーゼを退団し、イタリア2部のピサ、ドイツ2部のボーフム、オーストリアのアドミラ・ヴァッカーと所属先を変えていく。18年夏に加入したオランダのヘラクレスでようやく最盛期を迎えたが、ふたたびメガクラブから声がかかるほどの輝きを放つには至らず、20年9月、サウジアラビアのアル・ファイサリーに移籍。未知の文化への興味、新たな挑戦への意欲から中東行きを決断したという。


 こうして振り返ると、デビュー時がもっとも脚光を浴びた瞬間だ。それ以上のインパクトを残せなかったのは、度重なる環境の変化や15年の重傷が理由かもしれない。純粋に才能が足りなかったとの見方もあるだろう。だが、前記のインタビューで「いまの目標はフィールドでの時間を楽しんで、今後の人生に活かせる新たな経験を積むことさ」と語ったメルケルに悲壮感はない。


 現在はドイツ代表ではなく、生まれ故郷であるカザフスタンをカタール・ワールドカップ出場に導こうと日々奮闘中だ。ミラン時代に垣間見せたボールテクニックやパスセンスは健在で、いつの日かロシア・リーグでプレーする夢を抱いているという。


文●遠藤孝輔


※『ワールドサッカーダイジェスト』2021年7月15日号より転載

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事