タイサッカー協会が西野朗監督の契約終了を発表。解任理由は「目標を達成できなかったため」

タイサッカー協会が西野朗監督の契約終了を発表。解任理由は「目標を達成できなかったため」

2021.7.30 ・ 海外サッカー

シェアする

 タイサッカー協会は7月29日、公式ツイッターで西野朗監督の契約終了を発表した。解任理由はタイ代表の成績が目標を達成できなかったためとしている。


 西野氏は、ガンバ大阪在任時にクラブ初のJ1タイトル、ACL制覇など数々のタイトルをもたらす。2018年にはハリルホジッチ監督の退任を受けて、日本代表監督に就任。岡田武史氏以来2人目の日本人監督としてワールドカップで指揮を執り、ロシア大会で16強進出に導いた。ワールドカップ後に勇退していた西野氏は、2019年7月にタイ代表とU-23タイ代表の兼任監督に就任した。


 翌年1月にタイで行なわれたU-23アジア選手権において、イラク、バーレーンなどの強豪国と同居したグループステージをオーストラリアに次ぐ2位で突破し8進出へ導き、大会後に新たに2年間の契約期間延長、プラス育成世代の強化、指導者養成、グラスルーツなど代表チーム強化へ向けた業務全般をサポートする契約を結んでいた。

  しかしカタール・ワールドカップ・アジア2次予選で、ベトナム、マレーシア、インドネシアら東南アジアのライバル国と同居したグループGで4位に終わり、最終予選への切符を逃してしまい、来年1月までの契約を残していたものの、西野監督解任に至ったようだ。


 今後U-23タイ代表は、今年10月にU-23アジア選手権の予選が、タイ代表は年末にスズキカップ(東南アジア選手権)が控えている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事