なぜ冨安健洋はファンから愛されるのか? 地元メディアが見解!「ウィリアンらとは明らかに違う」 

なぜ冨安健洋はファンから愛されるのか? 地元メディアが見解!「ウィリアンらとは明らかに違う」 

2021.10.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 今夏にボローニャからイングランドの名門アーセナルへステップアップ移籍を果たした冨安健洋は、デビューした9月に、いきなりファン投票によるクラブの月間MVPに輝いた。


 先月は3試合に出場し、とりわけ空中戦も含めた1対1の守備に抜群の強さを発揮。ビルドアップや機を見た攻撃参加でも貢献し、3連勝の原動力のひとりとなったハイパフォーマンスに加え、51パーセントの得票を獲得できたのは、そのプレーから滲み出る真摯な姿勢や人間性も加味されたのかもしれない。


 そんななか、地元メディア『football.london』は、「アーセナルのファンが冨安健洋を愛する主な理由」と題した記事を掲載。「トミヤスがアーセナルで素晴らしいキャリアをスタートさせた、という表現では控えめ過ぎる」と綴り、こう続けている。


「トミヤスは、一連の完璧なパフォーマンスの後、9月の月間MVPに選出され、アーセナルのファンが彼に示した愛とサポートをすぐに認識した。彼はインスタグラムのストーリーで『ありがとう。いつも僕を支えてくれている皆さんのおかげです』と記している」



  こうした冨安の振る舞いに、同メディアは「トミヤスとサポーターとの関係がMVP受賞のカギであり、間違いなく(今夏に在籍1年で退団した)ウィリアンやファンとのつながりを確立できなかった最近の新戦力とは明らかに異なっている」と伝えている。


 さらに、試合でのパフォーマンスについては、「ボールを持った時に優れたクオリティを示し、両足で前方へのパスをスムーズに提供できるため、守備から攻撃へ素早く切り替えることができる」と称賛。さらに特長である1対1の強さも称えている。


「際立っている強さは、デュエルで示す攻撃性だ。ここまで冨安は20回の空中戦のうち15回に勝利しており、75%の成功率を達成している」


 ピッチ内外で、ファンのハートをがっちりと掴んだ冨安。まずは順調すぎるスタートを切ったと言えるだろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事