「やっと第一歩をきれました」待望の一発に岡崎慎司が歓喜!らしさ全開にファンからは「J初ゴールと重なる」

「やっと第一歩をきれました」待望の一発に岡崎慎司が歓喜!らしさ全開にファンからは「J初ゴールと重なる」

2021.10.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 待望の一発に、岡崎慎司が喜びの声を伝えている。


 現地時間10月10日に開催されたラ・リーガ2部の第9節で、カルタヘナはホームでイビサと対戦し、5-1と大勝を収めた。この一戦で、4試合連続で先発出場を果たした岡崎が、持ち味を存分に発揮したのは3-0で迎えた57分だった。


 左サイドからアルベルト・カヤルガがクロスを送り込むと、岡崎はタイミングよく走り込み、得意のダイビングヘッド。豪快さとは裏腹に、正確にコントロールしたシュートで、GKの届かないゴール右に流し込んだのだ。



 昨シーズン限りでウエスカを退団した35歳のストライカーは、8月31日にカルタヘナへの加入が決定し、翌月12日にデビュー。そこから出場5試合目にして生まれた新天地初ゴールだった。得点を挙げるのは、ウエスカ時代の昨年12月6日以来、10か月ぶりとなった。


 試合後、岡崎はツイッターを更新し、「チームでやっと初ゴール。やっと第一歩をきれました!引き続き頑張ります!」と、ほっと胸を撫で下ろすとともに、今後に向け決意を誓った。


 この投稿には、国内外のファンから興奮の声が続々と寄せられている。

 「やはり頭!!」

「J初ゴールと重なり感慨深いです」

「一生ダイビングヘッド!」

「最高のゴール!!!らしさ全開でした!!!」

「夜中に大声上げて喜んでしまいました」

「気持ちが伝わってくる」

「岡ちゃんみたいなFWが今の代表に必要」

「Golazo shinji ninja okazaki!!」

「偉大なオカザキ」

「私はあなたをとても愛しています、素敵な日本人」

「怪我と病気に気をつけてゴール量産、勝利量産お願いします」


 清水エスパルス時代の2007年4月15日、川崎フロンターレ戦で奪ったJリーグ初ゴールを彷彿とさせる、まさにらしさ全開の魂のゴールだった。「一生ダイビングヘッド」を座右の銘とする点取り屋は、ここから量産体制に入り、チームを悲願の1部昇格へ導くことはできるか。


 大量5発で今シーズン4勝目を挙げたカルタヘナは、一気に10位まで順位を上げている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事