「今すぐユナイテッドに」キャラガーらプレミアOB、パリSG指揮官ポチェティーノに同情「3人のスターのせいで…」

「今すぐユナイテッドに」キャラガーらプレミアOB、パリSG指揮官ポチェティーノに同情「3人のスターのせいで…」

2021.11.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 スター選手が揃っているからこその苦悩と言えるだろう。


 現地時間11月24日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ第5節で、パリ・サンジェルマンはマンチェスター・シティとアウェーで対戦し、1-2で敗北。先制点こそ奪ったものの、終盤に逆転弾を許すという悔しい展開となった。


 そんななか、マンチェスター・ユナイテッドが、オレ・グンナー・スールシャール監督の後任として希望しているというパリSG指揮官マウリシオ・ポチェティーノの処遇に、プレミアOBから同情の声が上がっているようだ。


 英スポーツチャンネル『Sky Sports』で試合の解説を担当していた元イングランド代表DFでリバプールOBのジェイミー・キャラガーは「もし私が彼の立場で、明日にでもマンチェスター・Uに行くチャンスがあれば、今すぐに出ていくね。そしてそれは、あの3人のスター(リオネル・メッシ、ネイマール、キリアン・エムバペ)のせいだ」とコメント。


 さらに、同席していた元フランス代表FWでアーセナルOBのティエリ・アンリも「フロントの3人が守備をサボり続けるなら、CLを勝ち取るのなんか無理だ」と語ったという。


「CLで優勝したいなら、7人では守れないことを知っておくべきだ。誰であろうと不可能だ。フルバックが晒され、事実上、3対1、3対2の場面が出来上がっている。今のまま、フランスのリーグでは優勝できるかもしれないが、シティと対戦した時に難しい。あのチームでは、ポチェティーノが彼らしくあることが許されないときがある。あの3人をどうやって外すのかという難題を抱えているからね」


 また、元イングランド代表FWマイケル・オーウェンは、「彼はユナイテッドのほうが生産性のある仕事ができる監督だと思う」とコメントしている。


「彼の両手は縛られているような状態で指揮をしているようなものだ。メッシ、ネイマール、エムバペを落とすことができない。今の状態なら、パリSGよりもユナイテッドでできることのほうが多いだろう。彼らを勝てるチームにできるのか、確信は持てないが、ポッチはユナイテッドでならやりたいこともできるだろう」


”新・銀河系軍団”として話題を呼んでいる今シーズンのパリSGだが、OBたちの目からは難しい事情を抱えるチームに映ったようだ。ユナイテッド行きも噂されるポチェティーノだが、試合後の記者会見では「パリSGでの仕事に集中している」と語ったのみ。今後の動向がさらに注目を集めそうだ。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事