「失望している」三笘薫は右足首負傷のため、スランとの再開初戦を欠場へ…。ユニオンSG指揮官が明言

「失望している」三笘薫は右足首負傷のため、スランとの再開初戦を欠場へ…。ユニオンSG指揮官が明言

2022.1.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 ベルギー1部ユニオン・サン=ジロワーズを率いるフェリス・マズ監督が、所属する日本代表MF三笘薫が故障のためにリーグ再開戦を欠場すると明かした。


 三笘はリーグ中断期間中に行なわれたサークル・ブルージュとの練習試合で右足首を負傷。先発で出場していたが、交代となっていた。


 公式HPでは2022年初のリーグ戦となるスラン戦への参加は不透明であるとされていたが、試合前会見に出席したマズ監督は「ミトマを欠いたチームで臨むことになる」と明言した。現地メディア『LES SPORTS』が14日付けで伝えている。


「選手がいなくなるたびに絶望する。でも、これで挫折したとは言いたくはない。過去にミトマ抜きで試合をしたこともあるが、その時は勝利を収めている。どんな欠員であっても、団結してチームを第一に考え、乗り越えていかねばならない。彼の代役としてはいくつかの選択肢を考えている」

  三笘は昨夏に川崎フロンターレからプレミアリーグのブライトンに移籍。英国内での労働許可証の関係から、姉妹クラブであるユニオンSGに期限付きで加入し、これまでに公式戦17試合に出場し、6ゴール・3アシストという記録を残している。


 スラン戦といえば、10月に行なわれたホームマッチでは三笘が文字通り大活躍。チームが2点のビハインドを背負った状態で後半から出場し、ハットトリックを達成して4-2の逆転勝利を引き寄せる立役者となった。


「スランはリベンジを狙っているだろう。アウェーマッチであることはもちろん、簡単な試合にはならない。我々は試合に集中するだけだ」


 ユニオンSGは今シーズンの昇格組ながら、シーズン前半を首位で折り返した。2位クラブ・ブルージュとの差は7ポイント。貴重なアタッカーを欠いた状態で臨むこの一戦は、シーズン後半を占う重要なゲームとなりそうだ。また、三笘の復帰時期は明らかになっていない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事