「素晴らしいゴールだった」旗手怜央の鮮烈ミドル弾をポステコグルー監督も絶賛!「ファンも彼の決定力に驚いたのでは?」という質問には…

「素晴らしいゴールだった」旗手怜央の鮮烈ミドル弾をポステコグルー監督も絶賛!「ファンも彼の決定力に驚いたのでは?」という質問には…

2022.1.27 ・ 海外サッカー

シェアする

 マン・オブ・ザ・マッチに輝いたデビュー戦に続く躍動ぶりに、指揮官もご満悦のようだ。

 

 現地時間1月26日に開催されたスコットランド・リーグ第23節で、日本人選手4人が所属する2位のセルティックは、3位ハーツと対戦。敵地での上位対決を2-1で制した。


 古橋亨梧と井手口陽介は故障、前田大然は日本代表の招集でベンチ外となるなか、貴重な先制ゴールを叩き出したのが、日本人選手で唯一出場した旗手怜央だった。


 スコアレスで迎えた27分、中央から持ち上がり、豪快に右足を一閃。強烈なミドルシュートを叩き込んでみせた。


 試合後、セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督は、旗手のパフォーマンスを称賛。クラブの公式ツイッターが、そのコメントを紹介している。


「選手たちを誇りに思う。今日は明らかに厳しい試合だった」と切り出したオーストラリア人指揮官は、インタビュアーから「(旗手の)先制点は今シーズンの中でも見事なシュートでした」と問われると、こう答えている。


「見事だったね。レオはデビュー戦の後、さらに期待が高まっていた。その高いハードルを乗り越えた。彼ならやってくれると思っていたし、何より素晴らしいゴールだったね」


 さらに、「素晴らしいプレーを見せていたので、後半に疲れが出たのは当然だ。よくやってくれたよ」と続け、「セルティックのファンは彼の決定力の高さに驚いたのでは?」という質問には、横浜F・マリノスの監督時代から旗手を知るポステコグルーらしい回答をしている。


「そうだね。彼は、少年時代はストライカーだったんだ。つまり、このゴールは彼の才能の一部なんだ。もっとやってくれると思う。20代前半の選手たちは特にハングリーで大きな野望がある。今シーズンだけでなく、その先も核となる存在だ」


 指揮官の期待に見事に応えた旗手。今後の活躍からますます目が離せない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事