「ソン・フンミン、めっちゃいい人」韓国エースが内田篤人との再会に“神対応”!「日本人選手は素晴らしいよ」

「ソン・フンミン、めっちゃいい人」韓国エースが内田篤人との再会に“神対応”!「日本人選手は素晴らしいよ」

2022.5.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 元日本代表DF内田篤人氏がDAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、かつてドイツでしのぎを削った韓国代表のエースとの再会を報告した。


 5月12日に配信された最新回では、内田氏がイングランドへ飛び、南野拓実が所属するリバプールとトッテナムの試合を取材。前者を率いるユルゲン・クロップ監督の前日会見や、試合後のミックスゾーンで取材を行なう様子が紹介されている。


 その取材エリアで再会を果たしたのが、1-1のドローに終ったこの試合でトッテナムの先制ゴールを挙げた韓国代表FWソン・フンミンだ。内田氏がシャルケでプレーしていた頃、ハンブルクやレバークーゼン時代の彼と対戦し、その頃から交流があったようだ。


「元気?ドイツ語忘れてない?」とドイツ語で話しかけた内田氏に、ソン・フンミンが「元気だよ。君こそ忘れてない?」と返すと、「全部忘れたよ」と返答。続けて、「今日のゴールで20点目。取れている要因は?」と尋ねると、次のように答えた。


「トレーニングの積み重ねとチームメイトと良い関係を築けていることだね。今日もみんなが素晴らしいチャンスを作ってくれた。僕は最後の一番簡単な仕事をしただけ。20ゴールは彼らのおかげだよ」


 そして、「日本にもファンが多いんですけど、一言いただいてもいいですか」と話すと、29歳のアタッカーは笑顔でこうメッセージを送った。


「いつもたくさんの応援をありがとう。僕は日本のサッカーをいつも見ているよ。日本人選手のプレーは素晴らしい。いつも応援してくれて本当にありがとう。いつか日本に行って、みんなに会いたいです」


 その後の視聴者プレゼント用のサインや2ショット写真の撮影にも、終始ニコニコしながら応じたスパーズの7番が去った後、内田氏は「ソン・フンミン、めっちゃいい人。ソン・フンミン、好き」と感嘆していた。


 このリバプール戦の4日後に行なわれたアーセナルとのダービーでも、21点目を挙げ、得点ランキング1位のモハメド・サラー(リバプール)に1点差に迫ったソン・フンミン。アジア人初のプレミア得点王という偉業を視界に捉えている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事