「人生最悪の年。このまま終われない」35歳セスク、新天地での現役続行を熱望

「人生最悪の年。このまま終われない」35歳セスク、新天地での現役続行を熱望

2022.5.14 ・ 海外サッカー

シェアする

元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、今季限りでモナコを退団する意向を明かした。


16歳でアーセナルのトップチームデビューを飾り、その後バルセロナやチェルシー、スペイン代表でも数々のタイトルを掲げてきたセスク。2018年にモナコへと加入したが、今季は負傷の影響などもあって公式戦わずか5試合の出場にとどまっていた。


そんな35歳MFは、『So Foot』のインタビューで今季限りでのモナコ退団を明言。また現役続行への意欲も語っている。


「キャリア最悪の年というだけではなく、人生で最悪な年だったよ。フットボールで幸せを感じられないと、人生でも幸せを感じられないからね。今年は本当に苦しかった。精神的に辛かったんだよ」


「正直に話すけど、ここ数週間に何回か、僕を以前に指導してくれた監督からコーチとして参加する気はないか聞かれているんだ」


「でも、今年はあまりにもひどかった。このまま終わるわけにはいかない。これだけのキャリアを築いてきたし、まだプレーしたいんだ。何でも受け入れるよ。自分自身を楽しみたいんだ。プレーする場所は本当に重要なことじゃない。新しいプロジェクトを見つけて、将来どうなるか見てみたい」



記事提供:Goal

シェアする

最新記事