古橋亨梧が得点ランク2位タイ浮上の11ゴール目!ニアをぶち抜く鮮烈弾で、戴冠後初戦のセルティックに先制点をもたらす

古橋亨梧が得点ランク2位タイ浮上の11ゴール目!ニアをぶち抜く鮮烈弾で、戴冠後初戦のセルティックに先制点をもたらす

2022.5.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 5月14日に開催されているスコットランド・リーグ最終節で、日本人選手4人が所属するセルティックは、4位のマザーウェルを本拠地セルティック・パークに迎えた。古橋亨梧がCF、前田大然が左ウィングで先発し、井手口陽介はベンチスタート、旗手怜央はメンバー外となった。


 前節に2年ぶり52度目のリーグ制覇を決めたセルティックは、立ち上がりから圧倒的に押し込み、21分に古橋のゴールで試合を動かす。CKのクリアミスをペナルティエリア内で拾うと、冷静に相手をかわし、振り向きざまに右足でニアサイドをぶち抜いた。

  エース級の活躍を見せ、戴冠に大きく貢献した日本代表FWは、公式戦33試合で19ゴール目で、リーグ戦に限れば20試合で11ゴール目。13ゴールのレーガン・チャールズクック(ロス・カウンティ)に次ぐ、得点ランキング2位にタイに浮上した。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事