「何時間でも見られる」劇的千金弾を決めたキャプテン遠藤航の胴上げシーンが反響!「レジェンドだ」

「何時間でも見られる」劇的千金弾を決めたキャプテン遠藤航の胴上げシーンが反響!「レジェンドだ」

2022.5.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 大仕事をしたキャプテンの胴上げシーンが反響を呼んでいる。


 現地時間5月14日に開催されたブンデスリーガの最終節(第34節)で、遠藤航と伊藤洋輝が所属する16位のシュツットガルトはホームでケルンと対戦した。


 この試合に勝ち、他会場の15位へルタ・ベルリンが敗れた場合のみ、残留が決定するシュツットガルトは1-1で迎えた後半アディショナルタイム1分、CKから伊藤がフリックしたボールを主将の遠藤がヘッドでねじ込み、劇的な決勝点を奪取。へルタ・ベルリンが逆転負けを喫したため、得失点差で上回り、土壇場で残留を決めた。


 試合後、殊勲の勝ち越し点を決めた頼れるキャプテンを、チームメイトたちが胴上げ。このシーンが「エンドウは素晴らしい、全てが素晴らしい」という一文とともにクラブの公式ツイッターで公開されると、ファンからは、「レジェンドだ」「何時間でも見られる」「キャプテン翼」「我らがキャプテン」「(GKの)フロリアン・ミュラーは彼の年俸をエンドウの口座に移す必要がある」といったコメントが寄せられた。


 残留争いのプレッシャーの中、この名門クラブのキャプテンを、しかも外国人で務めるのは簡単ではなかっただろう。ようやく肩の荷が下りたかもしれない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事