「マン・Uからとんでもないオファーがあった」“ワン・クラブ・マン”ミュラー、退団の可能性あった過去明かす

「マン・Uからとんでもないオファーがあった」“ワン・クラブ・マン”ミュラー、退団の可能性あった過去明かす

2022.5.15 ・ 海外サッカー

シェアする

バイエルン・ミュンヘンFWトーマス・ミュラーは、過去にマンチェスター・ユナイテッドから「とんでもないオファー」があったことを明かした。


幼少期からバイエルン一筋で過ごすミュラー。先日には2024年までの契約延長を結び、近年では稀少になった“ワン・クラブ・マン”として、ドイツ王者で数々のタイトルを獲得し続けている。


そんなミュラーだが、過去には数回にわたってバイエルン退団の可能性があったようだ。ドイツ『Merkur』で、「バイエルンはすべてをはっきりと拒否した。ユナイテッドからのとんでもないオファーもあったけどね。バイエルンは本当に信頼してくれている」と、ルイ・ファン・ハール政権下のマンチェスター・Uから熱望されていたことを明かした。


また、ホッフェンハイムでキャリアを始める可能性があったことや、ニコ・コヴァチ政権時代に退団を検討したことも認めている。


「当時(デビュー前)は比較的退団に近づいていた。それでも、幸運なことに(当時のバイエルンIIの監督)ヘルマン・ゲアラントが彼のすべての力を使って僕の移籍を防いでくれた」


「(ニコ・コヴァチ監督時代には)僕が欲していたプレー時間を得られなかった。だから、僕はクラブとすべての可能性について話し合うことを求めていた」



記事提供:Goal

シェアする

最新記事