PKセーブで優勝の立役者に!GKアリソンは味方に感謝「最後は僕が守るだけ」

PKセーブで優勝の立役者に!GKアリソンは味方に感謝「最後は僕が守るだけ」

2022.5.15 ・ 海外サッカー

シェアする

リヴァプールGKアリソンが、FAカップ優勝を喜んでいる。


今季すでにリーグカップを制し、4冠へと挑戦しているリヴァプール。14日には、リーグカップ決勝でも対戦したチェルシーとのFAカップ決勝戦へ臨んだ。試合はリーグカップ同様、90分でも延長戦でも決着がつかず、PK戦へもつれ込む。するとチェルシー7人目のメイソン・マウントのキックをGKアリソンがストップし、リヴァプール7人目のコスタス・ツィミカスが成功。PK戦を6-5で制し、優勝を達成した。


2つ目のタイトルを掲げた後、PK戦勝利の立役者である守護神アリソンが『BBC』のインタビューに登場。「最高の気分だよ!」としつつ、チームメイトへの感謝を述べている。


「僕らはこんなに素晴らしいパフォーマンスができたんだ。得点できなかったのは残念だけど、戦えていたし、クリーンシートもキープできて、最後には素晴らしいPKを成功してくれた。最後は僕が守るだけだったよ。本当に幸せだ」


「僕もそうだけど、(チェルシーGKエドゥアール)メンディも素晴らしいセーブを見せたよね。チームの助けがなければ止められなかった。よく働いてくれたし、僕の仕事を楽にしてくれる。(PKセーブは)良かったでしょ? GKコーチのみんなが僕の判断を助けてくれるんだ」


「チェルシーは本当によくやっていたけど、僕らが優勝に値した。優勝に値したからこそ、僕はセーブしただけなんだ」


これで2冠を達成したリヴァプールは、今後プレミアリーグ逆転優勝とチャンピオンズリーグ制覇を目指すことになる。守護神は「2つに向けて自信を深めることができた。今はファンタスティックな瞬間だし、楽しまないとね」と語っている。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事