クロップ、マネの退団に「リヴァプールの損失がバイエルンの利益に」…さらに「寂しくなるね」とも

クロップ、マネの退団に「リヴァプールの損失がバイエルンの利益に」…さらに「寂しくなるね」とも

2022.6.23 ・ 海外サッカー

シェアする

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、サディオ・マネの退団について語った。


2016年にサウサンプトンからリヴァプールに加入したマネ。以降、クロップ監督の主力として6シーズンにわたりプレーし、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、FAカップ、リーグカップ、クラブ・ワールドカップなどのトロフィー獲得に貢献した。


しかし、現行契約が満了まで残り1年となる中、マネの今夏の去就は不透明に。大きな注目を集める中、22日にブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンに移籍することが発表された。


これを受け、クロップ監督はリヴァプールの公式ウェブサイトで「とても大きな瞬間だ。そうでないふりをしようとすることなんてできない。リヴァプールの偉大な選手の1人が去っていく。我々全員がこれがどれだけ大きなことか認識しなければいけない」と話し、思いを続けた。


「彼は我々の感謝と愛情とともに去っていく。彼は彼自身のステータスとともに去っていく。そして、彼は世界最高の選手の1人であるこの瞬間に去っていく。落ち込むのではなく、我々が誇れた選手がいたということを祝おうじゃないか。彼の挙げたゴール、掲げたトロフィー、間違いなくレジェンドであり、近代のリヴァプールの象徴だ」


その後もマネとの思い出を振り返ったクロップ監督は「私は彼の決断をリスペクトしているし、我々のサポーターも同様なはずだ。LFCを愛しているのなら、サディオを愛しているはずだ。我々の損失がバイエルンの利益になったということを受け入れつつも、このように考えられるはず。我々は彼の成功を祈っているが、もちろん我々との試合以外でだ。彼はこれから輝き続ける。私はそう確信してる」と語った。


また、クロップ監督は、マネを3単語で表現するよう問われた以前のインタビューを振り返り、「以前はできなかったが、複数回にわたってトライさせてほしい。3単語あれば彼をたくさんの方法で表現できるからね」と話し、改めて同選手を3単語で表現した。


「ワールドクラスの選手!本物のクラブのレジェンド!理想的なロールモデル!完璧なチームメイト!優しく、思いやりのある人間!しかし、今日最も適切と感じる3単語は“寂しくなるね(Will miss you!)”」



記事提供:Goal

シェアする

最新記事