古橋がCL初アシストも再三のチャンスを決めきれず…“史上初”日本人3選手先発のセルティック、ライプツィヒに1-3敗戦で最下位転落

古橋がCL初アシストも再三のチャンスを決めきれず…“史上初”日本人3選手先発のセルティック、ライプツィヒに1-3敗戦で最下位転落

2022.10.6 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間10月5日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で、日本人カルテットが所属するセルティックが、敵地でRBライプツィヒと対戦した。


 古橋亨梧がCF、前田大然が右ウイング、旗手怜央が左インサイドハーフ、大会史上初めて日本人3選手が先発したセルティック(井手口陽介はCL登録外)は、24分にビッグチャンス。前田のクロスに古橋がヘッドで合わせるも、途中出場のGKブラスビヒにセーブされる。


 古橋は26分にも、パスカットした旗手からボールを受け、チャンスが訪れたが、敵DFにシュートブロックされ、決めきれない。


 そして、これで得たCKの流れから一気にカウンターを浴び、最後はヌクンクに流し込まれ、27分に先制を許す。


 42分には左ウイングのジョッタのクロスに、古橋がヘッドで合わせるが、惜しくも枠を外れる。


 後半に入って48分、旗手からパスを受けた古橋が持ち込んでラストパス。これを受けたジョッタが左足のダイレクトシュートでネットを揺らし、同点ゴールを挙げる。日本代表FWはこれがCL初アシストとなった。


 58分にはピンチを迎えるも、アンドレ・シウバのシュートはポストに直撃。その3分後にはソボスライにミドルを叩き込まれるも、オンフィールドレビューの末に、A・シウバにオフサイドがあったとして救われる。


 しかし、その直後の64分、GKハートのビルドアップをカットされ、ショートカウンターからA・シウバに勝ち越しゴールを許す。


 さらに77分にもA・シウバに追加点を献上したセルティックは、1-3で敗戦。 これで1分け2敗となり、1勝2敗のRBライプツィヒに抜かれ、グループFの最下位に転落した。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画