C・ロナウド、自身のゴールパフォを真似した敵FWに怒り? 不満げな表情に脚光!「苛立った」「明らかに不満」【W杯】 

C・ロナウド、自身のゴールパフォを真似した敵FWに怒り? 不満げな表情に脚光!「苛立った」「明らかに不満」【W杯】 

2022.11.25 ・ 海外サッカー

シェアする

  現地時間11月24日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(H組)第1戦で、ポルトガル代表はガーナ代表と対戦。3―2で勝利した。


 この試合で、話題を集めているのが89分にガーナの2点を決めたオスマン・ブカリのゴールセレブレーションだ。なんと相手のエースである、クリスティアーノ・ロナウドのそれを真似したのだ。


 ブカリはヘディングシュートを叩き込むと、高くジャンプをして、身体を反転させ、着地した際に両手を広げるポーズを決めるそのパフォーマンスを披露。先制のPKを決め、すでにベンチに下がっていた本家は、1点差に迫られたこともあって不機嫌そうな表情を見せた。

  ウェブサイト『futeousadia』は、「ガーナの選手が祝っているのを見るクリスティアーノ・ロナウドの反応」との一文とともに、怒りの表情を浮かべるスーパースターの写真を投稿した。


 また、英メディア『talkSPORT』は「元マンチェスター・ユナイテッドの選手は、苛立って手を宙に振った。明らかに、彼の象徴的なセレブレーションをコピーしたことに不満だった」と伝えている。


 ゴールパフォーマンスよりも失点に怒っていたのだろうが、少なからず苛立ちが増したのかもしれない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画