イングランド代表の“最高のスタート”で、ようやく国民の熱が高まる。ブレイク期間が短かったのはむしろ優位に?【現地発】

イングランド代表の“最高のスタート”で、ようやく国民の熱が高まる。ブレイク期間が短かったのはむしろ優位に?【現地発】

2022.11.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 ワールドカップが開幕しても、イングランドの空気をどこか冷めていた。


 公共放送の『BBC』 は開会式を放送しなかった。また、カタール対エクアドルの開幕戦では、数千人のカタール人が早めにスタジアムを去り、空席となったの事実をことさら強調していた。


 イングランドの初戦であるイラン戦(6-2)は、イージーな試合と見なされていた。そのためか、多くの人が働いている13時キックオフでも、それほど問題にならなかった。グループステージ突破は確実だと考えているファンが少なくないのだ。


 イングランドからカタールに向かったサポーターも3000人だけ。これはこのW杯について、どう考えているかを示している。ちなみに、2018 年ロシアW杯の準決勝には1万人のファンが訪れていた。


 先制ゴールを決めたのは、その4年前はまだ14歳だったジュード・ベリンガムだ。

イングランド代表の歴史において、ティーンエイジャーにしてW杯でゴールを決めたのは、マイケル・オーウェンに次いで2人目だった。

  イングランドはとても印象的なプレーをした。対戦相手が最高の出来ではなかったとはいえ、私が覚えている限り、ワールドカップの初戦としては、最高のパフォーマンスのひとつではなかったか。特にベリンがムは素晴らしかった。


 イングランドの選手の多くは、わずか1週間前までプレミアリーグの高いレベルでプレーしていた。そのため、他の多くの国より、w杯に向けたブレイク期間が少なかった。だが、それがマイナスではなく、アドバンテージになる可能性がある。


 このパフォーマンスを見て、ようやく熱が高まってきた。


文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画