【今日の誕生日】4月21日/世界の大舞台で活躍したJの外国人指揮官――トニーニョ・セレーゾ

【今日の誕生日】4月21日/世界の大舞台で活躍したJの外国人指揮官――トニーニョ・セレーゾ

2016.4.21 ・ 海外サッカー

シェアする

◇トニーニョ・セレーゾ:1955年4月21日生まれ ブラジル・ベロオリゾンテ出身

 

 1993年のJリーグ開幕からしばらくは、世界中の新旧スター選手がこぞって日本に到来し、新興リーグを大いに盛り上げるとともに、世界にJリーグの存在を知らしめるのにも役立った。

 

 同時に、多くの外国人監督も到来。発展途上の日本人選手たちに多くのものを授け、日本サッカーの急成長に多大な貢献を果たしてくれた。それはJリーグだけでなく、代表チームも同様である。

 

 そんな舶来の指揮官のなかには、選手時代に輝かしい実績を残していた者も少なくなかった。トニーニョ・セレーゾもそのひとりだ。

 

 ブラジル・サッカー史、そして長くキャリアを過ごしたイタリア・カルチョの歴史においても、その名を刻んだセレーゾ。無尽蔵のスタミナを誇り、優れた技術と判断力で中盤において重要な役割を担い、機を見た攻撃参加で決定的な仕事も果たした。

 

 72年にアトレチコ・ミネイロでプロデビューを果たし、12シーズンのあいだに7度のミナスジェライス州選手権制覇を達成。そして83年にイタリアへ渡った。

 

 28歳になってからの渡欧で、ローマでは1年目でチャンピオンズ・カップ(現リーグ)決勝進出に貢献。しかし、ホームのオリンピコでPK戦の末にリバプールに敗れるという、失意を味わうこととなった。

 

 86年からはサンプドリアでプレーし、89年にカップウィナーズ・カップ優勝。そして翌シーズンにはクラブ史上初のスクデットを獲得に貢献した。

 

 この時、すでに36歳。しかし、中盤では誰よりも距離を走る彼は、ジャンルカ・ヴィアッリ、ロベルト・マンチーニらチームメイトから厚い信頼を得ており、特にマンチーニはパオロ・マントバーニ会長に、絶対にセレーゾを手放さないよう、しつこく要請していたという。

 

 92年、2度目の挑戦となったチャンピオンズ・カップ決勝でも、バルセロナに延長戦の末に敗れ、セレーゾはこの後、サンプドリアを退団し、ブラジルへ帰国した。

 

 しかし、ここでキャリアが終わることなく、37歳で加入したサンパウロでも躍動し、国内タイトルはもちろん、リベルタドーレス(92年)、トヨタカップ(92、93年)の優勝に貢献。93年のトヨタカップでは、ミランを下す原動力にもなった。

 

 94年からクルゼイロなど複数のクラブを渡り歩き、96年、ついにユニホームを脱いだセレーゾ。そんな彼の選手としてのキャリアを語るうえで、絶対に忘れてならないのが、ジーコ、ソクラテス、パウロ・ロベルト・ファルカンと華麗な中盤のカルテットを構成した82年スペイン・ワールドカップだ。

 

 優勝候補筆頭として臨み、最高レベルのファンタジー溢れるサッカーで快進撃を披露したブラジル代表において、セレーゾは「黄金の中盤」を守備面でカバーしながら、攻撃においても非凡なものを見せ続けた。

 

 4年前のアルゼンチン大会でも高評価を得た彼は、改めてその能力の高さを世界で示すも、一方で大一番のイタリア戦で失点に繋がるパスミスを犯し、2次リーグ敗退の戦犯に挙げられるなど、充実感と失望を同時に味わうこととなった。

 

 99年から指導者に転身したセレーゾは、古巣A・ミネイロ、ヴィトーリアを経て、2000年、選手時代にも売り込みをかけていたJリーグに到来。鹿島アントラーズでは、監督でありながら練習試合にも参加し、誰よりも走っていたというのは有名な逸話だ。

 

 05年までに2度のリーグ優勝の他、ナビスコカップ(2回)、天皇杯(1回)も勝ち取り、以降はブラジル、中東の複数のクラブで監督を歴任。13年から再び鹿島に戻るも、この時はメジャータイトルを獲得できなかった。

 

 2度目の指揮の際は、その采配に批判が集まり、15年7月に解任の憂き目に遭ったセレーゾ。通達を受けた際には非常に落ち込み、監督として最も長い年月(9シーズン)を過ごしたクラブとの別れを惜しんだという。 ここでは参考までに、これまでJリーグに到来した外国人監督、そして歴代日本代表監督のなかで、選手として、あるいは監督・コーチ・スタッフとしてワールドカップに出場した者を大会ごとに列記した。

 

※名前の後の確固内は、「国籍/日本で指揮を執ったチーム名」。国籍については、選手としてW杯出場の場合は国名のみ、監督等で出場した場合は国名の後に役職を記載。国名やチーム名は当時のものを表記。

 

◇1958年スウェーデン大会

ペペ(ブラジル/読売)

 

◇1962年チリ大会

ペペ(ブラジル/読売)

ペドロ・ローシャ(ウルグアイ/京都)

 

◇1966年イングランド大会

ジークフリート・ヘルト(西ドイツ/G大阪)

ペドロ・ローシャ(ウルグアイ/京都)

ホルヘ・ソラーリ(アルゼンチン/横浜M)

 

◇1970年メキシコ大会

エメルソン・レオン(ブラジル/清水、V川崎、神戸)

ロベルト・リベリーノ(ブラジル/清水)

ジークフリート・ヘルト(西ドイツ/G大阪)

ペドロ・ローシャ(ウルグアイ/京都)

 

◇1974年西ドイツ大会

ヴィム・ヤンセン(オランダ/広島、浦和アシスタント)

エメルソン・レオン(ブラジル/清水、V川崎、神戸)

ロベルト・リベリーノ(ブラジル/清水)

ペドロ・ローシャ(ウルグアイ/京都)

 

◇1978年アルゼンチン大会

ホルヘ・オルギン(アルゼンチン/福岡)

オズワルド・アルディレス(アルゼンチン/清水、横浜FM、東京V、町田)

ヴィム・ヤンセン(オランダ/広島、浦和アシスタント)

エメルソン・レオン(ブラジル/清水、V川崎、神戸)

ジョゼ・オスカー(ブラジル/日産、京都)

トニーニョ・セレーゾ(ブラジル/鹿島)

ロベルト・リベリーノ(ブラジル/清水)

ジーコ(ブラジル/鹿島総監督、日本代表)

フリードリッヒ・コンシリア(オーストリア/G大阪)

アントニオ・デラクルス(スペイン/横浜FM)

カルロス・レシャック(スペイン/横浜F)

 

◇1982年スペイン大会

ピエール・リトバルスキー(西ドイツ/横浜FC、福岡)

ジョゼ・オスカー(ブラジル/日産、京都)

ジーコ(ブラジル/鹿島総監督、日本代表)

パウロ・ロベルト・ファルカン(ブラジル/日本代表)

トニーニョ・セレーゾ(ブラジル/鹿島)

フリードリッヒ・コンシリア(オーストリア/G大阪)

ホルヘ・オルギン(アルゼンチン/福岡)

オズワルド・アルディレス(アルゼンチン/清水、横浜FM、東京V、町田)

ヴァイッド・ハリルホジッチ(ユーゴスラビア/日本代表)

ジョゼフ・ベングロシュ(チェコスロバキア監督/市原)

 

◇1986年メキシコ大会

カルロス・パチャメ(アルゼンチン・アシスタント/福岡)

ホルスト・ケッペル(西ドイツ・コーチ/浦和)

ピエール・リトバルスキー(西ドイツ/横浜FC、福岡)

エメルソン・レオン(ブラジル/清水、V川崎、神戸)

ジョゼ・オスカー(ブラジル/日産、京都)

ジーコ(ブラジル/鹿島総監督、日本代表)

パウロ・ロベルト・ファルカン(ブラジル/日本代表)

ハビエル・アギーレ(メキシコ/日本代表)

 

◇1990年イタリア大会

ギド・ブッフバルト(西ドイツ・ドイツ/浦和)

ピエール・リトバルスキー(西ドイツ/横浜FC、福岡)

カルロス・パチャメ(アルゼンチン・アシスタント/福岡)

ヴァレリー・ニポムニシ(カメルーン監督/広島)※国籍はロシア

イビチャ・オシム(ユーゴスラビア監督/市原・千葉)

ドラガン・ストイコビッチ(ユーゴスラビア/名古屋)

ジョルジーニョ(ブラジル/鹿島)

チッタ(ブラジル/浦和、日本代表スタッフ)

セバスチャン・ラザロニ(ブラジル監督/横浜FM)

イワン・ハシェック(チェコスロバキア/神戸)

ファンボ・カン(韓国/大分)

 

◇1994年アメリカ大会

ジョルジーニョ(ブラジル/鹿島)

ギド・ブッフバルト(西ドイツ・ドイツ/浦和)

ホルヘ・ソラーリ(サウジアラビア監督/横浜M)国籍はアルゼンチン

ハビエル・アスカルゴルタ(ボリビア監督/横浜M)※国籍はスペイン

 

◇1998年フランス大会

ジーコ(ブラジル・アシスタント/鹿島総監督、日本代表)

ドラガン・ストイコビッチ(ユーゴスラビア/名古屋)

ゼリコ・ペトロビッチ(ユーゴスラビア/浦和)

フィリップ・トルシエ(南アフリカ監督/FC琉球総監督、日本代表)※国籍はフランス

 

◇2002年日韓大会

ルイス・フェリペ・スコラーリ(ブラジル監督/磐田)

ユン・ジョンファン(韓国/鳥栖)

ハビエル・アギーレ(メキシコ監督/日本代表)

フィリップ・トルシエ(日本監督/FC琉球総監督)※国籍はフランス


◇2006年ドイツ大会

ジーコ(日本監督/鹿島総監督)※国籍はブラジル

 

◇2010年南アフリカ大会

ジョルジーニョ(ブラジル・アシスタント/鹿島)

ハビエル・アギーレ(メキシコ監督/日本代表)

 

◇2014年ブラジル大会

ルイス・フェリペ・スコラーリ(ブラジル監督/磐田)

ヴァイッド・ハリルホジッチ(アルジェリア監督/日本代表)※国籍はボスニア・ヘルツェゴビナ

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画