一時は鹿島が逆転リードも...CR7のハットトリックでレアル・マドリード優勝

一時は鹿島が逆転リードも...CR7のハットトリックでレアル・マドリード優勝

2016.12.19 ・ 海外サッカー

シェアする

鹿島アントラーズ、一歩及ばず――。18日、FIFAクラブワールドカップジャパン2016決勝戦が横浜国際総合競技場で行われ、延長戦の末に欧州王者のレアル・マドリードが4対2で勝利。2年ぶり2度目のクラブ世界一に輝いた。


世界が見守る注目の一戦。鹿島のスタメンはGK曽ヶ端準、最終ラインは右から西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗。ダブルボランチにキャプテンの小笠原満男と永木亮太。右に遠藤康、左に柴崎岳。2トップに土居聖真と金崎夢生が入った。


対するレアル・マドリードはGKケイラー・ナバス、最終ラインは右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ。アンカーにカゼミーロ、インサイドハーフにクロースとモドリッチ。3トップにクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ルーカス・バスケスが入った。


前半9分、早速レアル・マドリードが格の違いを見せつける。L・バスケスのクロスを植田がヘディングでクリア。跳ね返りを拾ったモドリッチが、右足で強烈なシュートを放つ。GK曽ヶ端が弾いたボールにベンゼマが反応し、右足で押し込んだ。


しかし、鹿島も負けてはいない。失点直後、小笠原がペナルティエリアの外から強烈なミドルシュートを打ち込んで反撃の狼煙を上げると、前半44分に鮮やかな連携で欧州王者のゴールを打ち破る。


土居が左サイドから中央へクロスを上げ、DFヴァランのクリアが不十分なところを柴崎が見逃さず、左足でダイレクトシュート。ゴール右隅に流し込んだボールに、名手ケイラー・ナバスも触ることができず、ネットに吸い込まれていった。


同点に追いついた鹿島は、攻撃の手を緩めない。そして後半7分、柴崎の左足が再び火を噴く。S・ラモスのクリアボールを拾うと、相手に囲まれながら左足を一閃。ゴール左にコントロールショットを流し込んだ。


柴崎の2ゴールで逆転に成功した鹿島だったが、後半13分にペナルティエリア内でL・バスケスを山本が倒してしまい、PKを献上。これをC・ロナウドが左隅に決めて2対2。同点に追いつかれてしまう。


その後、レアル・マドリードがギアを一段上げ、左サイドのマルセロ、ベンゼマ、C・ロナウドを中心に怒涛の攻撃を仕掛けるが、鹿島はGK曽ヶ端の驚異的なセービングでゴールを死守。90分が終わっても決着はつかず、勝負の行方は延長戦に持ち越された。


ここで輝きを放ったのが、先日バロンドールを受賞し、名実ともに世界No.1プレイヤーに選ばれたC・ロナウドだった。延長前半8分、ベンゼマのスルーパスに抜け出すと、左足で強烈なシュートを突き刺し、レアル・マドリードが3対2で勝ち越しに成功する。


これで終わらないのがC・ロナウド。延長前半14分には、クロースのシュート性のボールを正確なコントロールで収めると、左足を振り抜きハットトリック達成。結局、4対2で欧州王者のレアル・マドリードが鹿島アントラーズに勝利。2年ぶり2度目のクラブワールドカップチャンピオンに輝いた。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事