ビルバオDF、バルサのレフェリング批判に不満「彼らが黒幕の存在について話すのは...」

ビルバオDF、バルサのレフェリング批判に不満「彼らが黒幕の存在について話すのは...」

2017.1.11 ・ 海外サッカー

シェアする

アスレティック・ビルバオDFエネコ・ボベダは、バルセロナの選手が自分たちに不当なレフェリングをされたと糾弾するのはお門違いだと主張している。


コパ・デル・レイ5回戦ファーストレグでバルセロナと対戦したビルバオは、本拠地サン・マメスで2-1の勝利を収めた。この試合後には、バルセロナDFジェラール・ピケが審判を非難するコメントを残していた。


「ネイマールのものは明らかにPKであったし、(ゴルカ・)イライソスが僕にチャレンジしたものもそうだ。僕らはこれがどういうわけだかわかっている。昨日、セビージャ対レアル・マドリーの試合をキックオフから最後まで何が起こったか見ていた。僕らはルーレットではなく、フットボールをしたいんだ」


レアルが恩恵受けるのには背景に「黒い手(黒幕の暗喩)」があると示唆したピケ。これに対してボベダはバルセロナも恩恵を受けるクラブのひとつだスペイン『デポルテス・コペ・ビルバオ』で指摘している。


「フットボールには超えてはいけない規則がある。彼らが黒い手の存在について話すのは、敬意を欠いた行為だ。僕は好きじゃない。物事がうまく行っていないときに、本当の人間性が現れるというものさ」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事