【ミラン番記者】本田圭佑は「帰属意識」を失った? それでも出番があればきっと…

【ミラン番記者】本田圭佑は「帰属意識」を失った? それでも出番があればきっと…

2017.2.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 ヨーロッパカップ出場権(セリエA4~5位)を目指しているミランは、19節から1分け3敗とトーンダウン。しかし、いずれも敵地だったボローニャ戦(2月8日の18節順延分)のとラツィオ戦(2月13日の24節)を1勝1分けで終え、再び息を吹き返した(ミランは24節終了時点で7位)。

 

 そんな中で印象に残るシーンがあった。ボローニャ戦終了後、この日も出番がなかった本田圭佑が、勝利の立役者の一人であるアンドレア・ポーリをハグしに行ったのである。

 

 試合は前半にガブリエル・パレッタ、後半にユライ・クツカが退場して9人になったミランが、89分にマリオ・パシャリッチの奪ったゴールで奇跡的な勝利。相手より2人少ない状態でゴールを決めての勝利は、ミランはもちろんセリエAの歴史上でも初めてだった。

 

 ポーリはすでに9人となっていた62分から途中出場。79分には膝を痛打したが、すでにヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は交代枠をすべて切っており、これ以上人数を減らすこともできないため、痛みを堪えて最後の最後まで戦い続けた。

 

 ポーリは14節のエンポリ戦で6分間プレーして以来、実に2か月半ぶりの出場機会だった。にもかかわらず魂のこもったプレーを見せ、歴史的勝利に貢献したのだ。

 

 さて、そうなると本田のポーリへのハグは、2つの意味があるのではと勘ぐりたくなる。ひとつは、チームの緊急時に膝の痛みを我慢しながら全力を出し切った彼への、素直な賞賛の気持ち。もう一つは――おそらくこちらのほうがメインではないかと思うが――ある種の「二軍仲間の連帯感」である。ベンチという同じ境遇を何度も分かち合ってきた仲間への共感だ。

 

 実際、ポーリの先発出場はそれまでわずか2試合で、総プレータイムは249分間。だからこそ、今回のボローニャ戦での活躍は、これまで冷や飯を食わされてきたベンチ仲間を代表してのリベンジの意味合いが濃かったのだ。

 

 ボロ―ニャ戦が初先発だったレオネル・バンジョーニ、アレッシオ・ロマニョーリとパレッタの影で出番が限られていたクリスティン・サパタとグスタボ・ゴメス、そして本田(ここまでのプレータイムは95分間)は、ポーリの活躍に多少は溜飲が下がる思いだったのではないだろうか。 そう考えれば、本田のハグには説明がつく。ボローニャ戦の勝利は、「二軍選手」たちの勝利でもあったのだ。ポーリがミランに加入したのは2013年だが、屋台骨となるイタリア人グループの一人。彼らは2014年1月に本田が移籍してきた当初から、チームに馴染むのを手助けしてきた。リッカルド・モントリーボやイニャツィオ・アバーテとともに背番号10の良き理解者だったのだ。実際、ポーリは試合後、本田についてこう語っている。

 

「彼は僕たちのことをとっても気に掛けている。彼にも貢献できるチャンスが来ることを願っている」

 

 私がこのエピソードを紹介したのは、もちろん“イイ話”だからであるが、同時に本田の複雑な心の内を物語っていると思ったからだ。

 

 セリエAでは8試合連続で出番なしと、プレーチャンスの少ない本田は、今やミランへの帰属意識を感じることが難しくなっているのではないのだろうか?

 

 そう、実はこの話にはまだ続きがある。本田はポーリをハグした以外は、モンテッラをして「一大叙事詩」とまで言わしめた歴史的勝利を仲間と一緒に祝っていないのだ。

 

 試合後、ほぼすべてのスタッフと選手がピッチになだれ込み、勝利を祝った。本田は歩いてポーリに近寄ってハグをしたあと、さっさとロッカールームに帰って行った。チームメイトたちがアウェーまで駆けつけたファンの目の前に行って、喜びを分かち合っているのには目もくれず……。

 

 観る者を幻滅させるシーンだった。本田がシャイで、自分の感情をあまり表に出さないことは我々もよく知っている。しかしもし本田が今シーズン、もう少しプレーしていたならば、彼の反応は違ったのではないか。きっと仲間と共にピッチに残り、勝利を祝っていたはずである。

 

 しかし、残念ながら本田がプレーするのは、今後より難しくなってきそうだ。ボローニャ戦とラツィオ戦では、改めて本田がモンテッラの頭の中に存在しないことがはっきりと見て取れた。

 

 まずジェラール・デウロフェウは、1月に加入したばかりであるにもかかわらず、すでにモンテッラにとって不可欠な存在になりつつある。ボローニャ戦ではパシャリッチの決勝ゴールに繋がるドリブルとアシストでミランを救った。そのボローニャ戦で途中から入ったCFでのプレーを気に入った指揮官は、ラツィオ戦で同じく“偽の9番”としてこの逸材を起用している。 また、同じく冬のメルカートで加わったルーカス・オカンポスも、ここ3試合中2試合で出番を得ている。パフォーマンスが傑出しているとは言えないが、本田が半年以上かかっても得られなかったモンテッラの信頼を早くも手に入れつつある。

 

 おまけに、本田の最大のライバルであるスソの復活も見逃せない。ここ数試合は勤続疲労からかやや身体が重そうで決定的な働きが少なかったが、ラツィオ戦ではゴールを取り戻した。4人に囲まれながら短い振りで放ったそれは、見事としか言えないゴラッソで、今シーズンが彼にとってブレイクの年であることを再び確認させるシーンだった。

 

 ボローニャ戦とラツィオ戦におけるミランのゴールは、デウロフェウとスソの優れた個性を活かした完璧な個人技によるものであった。チームが苦しい時に、それを独力で解決するテクニックやスピード、そしてファンタジアだ。

 

 だからこそモンテッラは明らか疲れが見えてもスソを外さないし、おそらくデウロフェウもしばらくは使い続けるだろう。突出したクオリティーを持った選手が、ミランを平凡なチームからより高みへと引き上げてくれると指揮官は確信しているのだ。

 

 本田がスソやデウロフェウ、そしてオカンポスの後塵を拝しているのは、彼らよりテクニック、スピード、ファンタジアの質が低いからにすぎない。絶対的と言っていいほどの巨大な差があるのだ。

 

 しかしボローニャ戦で証明されたように、ポーリのどんな境遇でもチームのために汗をかける選手――つまり本田も――も、目標にたどり着くためには大事なはずだ。だからモンテッラは彼らの存在を忘れないほうがいい。とくにこれから差し掛かるシーズンの山場においては、なおさらだ。

 

 本田はボローニャ戦のシーンが象徴する通り、ミランへの帰属意識を失っているかもしれない。しかし彼は、モンテッラが何度も繰り返す通り、苦境に陥る今もトレーニングで全力を尽くす真のプロフェッショナルだ。出番さえ与えれば、きっとポーリのようにチームのために全力を尽くすに違いない。

 

文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)

翻訳:利根川晶子

 

【著者プロフィール】

Marco PASOTTO(マルコ・パソット)/1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動を始める。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事