アストラ瀬戸貴幸、ELで劇的同点弾…今季2点目はチームを救うヘディングに

アストラ瀬戸貴幸、ELで劇的同点弾…今季2点目はチームを救うヘディングに

2017.2.17 ・ 海外サッカー

シェアする

アストラに所属するMF瀬戸貴幸が、ヨーロッパリーグ(EL)という大舞台で劇的な同点弾を挙げている。


アストラは16日、EL決勝トーナメントファーストレグでベルギーのヘンクと対戦。瀬戸はボランチとして先発フル出場した。ホームのアストラは終始先手を取られる厳しい展開だったが、1-2で迎えた後半アディショナルタイム、瀬戸がダニエル・フローレアの左からのクロスに頭で叩きつけ、価値ある同点弾を挙げた。試合はそのまま終了し、2-2で1戦目を終えている。


瀬戸は今シーズン2点目で、ELでも2014年12月2日アウクスブルク戦以来となるゴールとなった。


なお、セカンドレグは23日、ヘンクのホームで行われる。


記事提供:Goal

シェアする

最新記事