【現地発】乾貴士がエイバルで新ポジションに挑戦中! 新ライバルの加入も?

【現地発】乾貴士がエイバルで新ポジションに挑戦中! 新ライバルの加入も?

2017.11.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 乾貴士が加入した2015年の夏以降、エイバルはもっとも厳しいときを過ごしている。


 今シーズンのスタートはまずまずで、4節のレガネス戦で2勝目を挙げるまではチームも機能していた。だがその後は、5節のバルセロナ戦の大敗(1-6)を境に、3試合で13失点と守備が大崩れした。そこでホセ・ルイス・メンディリバル監督は、10月のリーグ戦中断期間に3-5-2へのシステム変更を決断する。


 新システムでは、これまで乾が主戦場としてきたサイドにMFを置かないため、中断明けのデポルティボ・ラ・コルーニャ戦では、日本代表に合流した影響で新しいシステムでのトレーニングができなかった乾は、初めてベンチ外となった。


 それでも9節のレアル・マドリー戦では、2トップの一角で先発フル出場。結果は0-3の完敗も、乾は「いっぱいボールに触れるし、楽しい。いまのフォーメーションならそこ(FW)で挑戦したいし、中盤の一角でもいい。新しいところでチャレンジしたい」と、新たな役割を歓迎していた。


 さらに、直後に行なわれたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のセルタ戦では、ラスト20分弱の出場ながら、「前からやりたかったポジション」という左のインサイドハーフでプレー。続く10節のレバンテ戦(スコアは2-2)でも同ポジションでフル出場し、カットインからのシュートで同点ゴールをお膳立てした。


「サイドで張っているより、やっぱり中で受けたい。そのほうがドリブルを仕掛けやすいし、最終ラインとのドリブルの駆け引きより、ひとつ前の中盤のラインとの駆け引きのほうが得意だから。ああいうところで起点となってだれかを使えるようになれれば、自分のレベルが上がると思う。チームとしても良い方向に向かっていくはずだから、できればやり続けたい」


 レバンテ戦で乾は、中央でのプレーに新境地を見出しつつあった。それだけに、11月に再度代表招集でチームを離れる前のレアル・ソシエダ戦(11節)で、まったく良い印象を残せなかったのは残念だった。 そのR・ソシエダ戦、乾は3-4-1-2のトップ下、3-5-2の左インサイドハーフ、そして従来の4−4−2の左ウイングと、3つのポジションでプレーした。だが、中盤の要であるダニ・ガルシアとゴンサロ・エスカランテを同時に欠いたこともあり、ペナルティーエリアの手前からドリブルで仕掛ける得意の形は、ほとんど作れなかった。


 チームも良いところなく1-3で完敗。4節の勝利を最後に、7試合連続未勝利のまま降格圏と勝点2差の17位まで沈んでしまったため、メンディリバル監督がふたたびチームにテコ入れを施す可能性が出てきた。右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンが、昨シーズン終了後に受けた手術のリハビリからいよいよ復帰することもあり、DFラインを4枚に戻すと見られているのだ。


 中央でのプレーに光明を見出していた乾としては、4バックに戻した後も2トップの一角やトップ下でのプレーに挑戦したいところだろう。だが彼は、新しいポジションを不動のものにするほど、説得力のあるプレーを見せられていたわけではない。現時点では元の左MFに収まるのが自然な流れだ。


 さらに数日前から、好調バレンシアで蚊帳の外に置かれているチリ代表MFのファビアン・オレジャーナを、エイバルが狙っているとの情報も入ってきている。オレジャーナはトップ下や2列目の左サイドを得意とする右利きのアタッカーで、プレースタイルは乾と重なるところが多い。


 エイバルは、「全治6か月以上の長期離脱者が出た場合、無所属もしくは国内のクラブに所属する選手であれば、移籍期間外でも補強が許される」という特例を用いて、オレジャーナを獲得しようとしていた。


 結局、申請したフラン・リコの怪我が条件を満たさなかった(全治が6か月未満と診断された)ため実現しなかったものの、クラブが1月にふたたびオレジャーナか、あるいは同タイプの選手を補強する可能性は高い。


 乾は11節まで消化したリーガで10試合に先発し、うち7試合でフル出場している。過去2シーズンと比べ、出場時間は確実に増えているが、直接ゴールに絡んだのは決勝点をアシストした4節のレガネス戦と、先述のレバンテ戦くらいだ。


 システムの再変更と新たなライバルの加入――。これらが現実のものとなれば、乾の立場も一転しかねない。いまだ無得点の乾としては、ここから年末までの数試合で目に見える結果を残したいところだ。


文:工藤 拓

 

【著者プロフィール】

1980年、東京都生まれ。桐光学園高、早稲田大学文学部卒。三浦知良に憧れて幼稚園からボールを蹴りはじめ、TVで欧州サッカー観戦三昧の日々を送った大学時代からフットボールライターを志す。その後EURO2004、W杯ドイツ大会の現地観戦を経て、2006年よりバルセロナへ移住。現在は様々な媒体に執筆している。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事