本田圭佑がパチューカ残留を宣言!「このクラブのすべてが大好き!」

本田圭佑がパチューカ残留を宣言!「このクラブのすべてが大好き!」

2017.12.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 パチューカの世界3位に大きく貢献した日本サッカー界のカリスマ、本田圭佑が、自身のツイッターを更新。注目される今後の去就について、あらためて自らの考えを明らかにした。

 

 現地時間12月16日に行なわれたクラブワールドカップの3位決定戦で、アル・ジャジーラを4-1で撃破した試合。右膝に痛みを抱えていたという本田は、ディエゴ・アロンソ監督との話し合いの末に欠場が決まり、ベンチから世界3位となった瞬間を見守った。

 

 そんな本田の周辺が騒がしくなったのは、ここ数週間、一部メディアが移籍報道を繰り広げたからだ。ロシア・ワールドカップ出場を見据え、2018年5月の契約満了を待たずして、今冬に欧州サッカーに再挑戦するというもの。それについてこれまで明言を避けてきた男は、試合直後にスペイン語で以下のように発信した。

 

「新聞によれば、冬にパチューカを出ていくらしい。でも、なぜ? 僕はここに居られて幸せです。僕はパチューカのすべてが大好きです。サポートしてくれる人々、同僚、ディエゴ(監督)、ヘスス・マルティネス(会長)、僕は彼らを愛しています」

 

 本人曰く「刺激的なチャレンジ」を求めて、7月に華やかなミラノから、メキシコの炭鉱の街へ活躍の場を移した。あれから早や5か月、すっかりチームに溶け込んでいる。本田の太陽の国での挑戦は、今後ますます輝かしいものになりそうだ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事