セビージャ指揮官は引き分け狙い?マンチェスター・U戦で思い描くプランとは

セビージャ指揮官は引き分け狙い?マンチェスター・U戦で思い描くプランとは

2018.3.13 ・ 海外サッカー

シェアする

セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦でカギを握るのはアウェイゴールだと考えているようだ。


セビージャは13日、CL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでマンチェスター・Uと激突する。モンテッラ監督は、相手選手の能力の高さを認めつつ、アウェイでのセカンドレグが困難な試合になると予想している。


「ファーストレグと同じくらい困っているよ。ユナイテッドの選手はフィジカルもテクニックもとても高いレベルにあるからね。でも、このレベルの大会になると毎試合が難しくなるのは当然だよ」


2月21に行われたファーストレグでは、セビージャが圧倒的に試合を支配しながらも、好セーブを連発した守護神ダビド・デ・ヘアによって得点を阻まれスコアレスドローに終わった。


指揮官は、ファーストレグの好パフォーマンスを認めつつも「180分間継続しなければ意味がない」と気を引き締めた。そして、セバスティアン・コルシアやヘスス・ナバスなどが離脱している状況にも言及し、戦術を変えるつもりはないと断言した。


「ユナイテッドは最近の試合でチェルシーやリヴァプールを倒しているし、良い雰囲気でセカンドレグに臨めるだろうね。我々には何人かの離脱者はいるが、いつもと違った特別なアプローチをするつもりはないよ」


続いて相手指揮官ジョゼ・モウリーニョが攻撃的な布陣を組むと予想。ホームで圧倒的な勝率を誇っている“赤い悪魔”に対して、ロースコアな展開に持ち込むゲームプランを公開した。


「ユナイテッドはロメウ・ルカクやアレクシス・サンチェスを起用して点を取りにくるだろう。我々は彼らの攻撃に上手く対処しなければならない。1-1のスコアに持ち込んでアウェイゴールによって勝ち上がる。これができれば最高だろうね」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事