【指揮官コラム】三浦泰年の『情熱地泰』|石が降ってもサッカーはやるのだ!

【指揮官コラム】三浦泰年の『情熱地泰』|石が降ってもサッカーはやるのだ!

2018.3.20 ・ 海外サッカー

シェアする

 子どもの頃、監督に「今日の練習はありますか?」と雨の日に尋ねると、当然のようにこう返されたものだ。

「サッカーは石が降ろうが槍が降ろうがやるんだ!」

 

 そんな風にあり得ない例を挙げて突き放された僕たちは、雨の日であろうが、暑い日であろうが、疲れている日であろうが、野暮な質問をせずサッカーに打ち込んだ。

 

 そのサッカーは本当に楽しかった。

 

 何があっても、何が起きても言い訳できないサッカーの虜になった。答えのない、100点満点のない、何があっても行なわれるサッカーの魅力に、僕は50年近く魅了されている。

 

 しかし、こうしてサッカーと長年にわたって付き合ってみると、決して「石が降ろうが、槍が降ろうが」中止にならないとは限らないことが分かってきた。現役時代であれば、あまりにも強い雨によって、レフェリーの判断で試合を前半のうちに中止、延期試合になったことがあったし、監督時代には除去できないほどの大雪や、強風によって延期となったこともあった。

 

 そして、僕が監督になって初年度には、震災のため1か月のリーグ中断も経験した。

 

 僕たち兄弟にとって、監督でもあり叔父さんでもあり、育ての親のような存在であり、尊敬する人が、サッカー少年に言った一言 <石が降ろうが、槍が降ろうが…> それが今では中止になることはよくあり、言い訳をしない選手を育てるために、忘れもしないと誓った言葉が、「今の時代では通用しないのだな…」と思っていた矢先――。

 

 第2節が行なわれた鴨池に灰が舞った。

 

 灰とは、火山灰と噴石のことを指す。ある意味、子どもの頃に言われていたことが実際に起こり、『石が降っても(灰が降っても)』試合は行なわれたのである。

 

 桜島の噴火は、鹿児島の皆さんにとっては普通のことのように、僕には伝わっている。たくさんの人がいろんな想いをしているのであろうが、この地で桜島の噴火を悪く言う人はいない。

 

 ある意味、郷土愛なのであろう。桜島の噴火は、鹿児島のスピリットなのか!?

 

 鹿児島で生活するにあたって、必ず鹿児島の人はアドバイスする。火山灰、噴石、灰が降るから気をつけてねと……。

 

 昨年も数回、灰が降ったようだが僕は気づかなかった。そんな僕が今年はその灰に気づいた。明らかに空の色が違い、薄茶色、薄グレーで視界が違うと。車には灰が積もり、やっと僕も鹿児島人の仲間入り、と思ったら……。

 

 それは風向きによって新燃岳(しんもえだけ)の噴火が鹿児島市内にも影響した日であり、桜島の灰ではなかったのである。新燃岳は、宮崎県と鹿児島・霧島の境にある活火山で、噴火の影響が鹿児島市内まで来てもおかしくはない。

 

 ただ、初めて気づいた灰が宮崎の物だったとは……。僕は、まだまだ鹿児島人に程遠いのだろう。 そして数日後、鴨池へ向かう途中、明らかに桜島も見えず灰が降った日に、ガンバ大阪U-23との第2節の試合が行なわれた。

 

 よく桜島の噴火は、「景気付けの花火と同じ。縁起がいいのよ!」と、来た当時は言われたものだが、少し疑いながらも今シーズンの初勝利をホームで、と誓って試合に臨んだ。

 

 そして子どもの頃に言われた『石が降ってもサッカーはやる』。これが現実になった。どんな環境でもプロフェッショナルとしてプレーする。言い訳することなく、人を全力プレーで感動させる。

 

 昨日、鹿児島ローカルNHKの夕方のニュースへ生出演したのだが、その番組のなかで薩摩硫黄島が噴火警戒レベル2に引き上げられたというニュースが流れた。

 

 何が起こるか分からない――。

 

 サッカーも同じ。90分間の中で何が起こるか分からない。だから、サッカーは世界中の人々が熱狂するスポーツなのだ。

 

 ただそれでも、日本の価値観では、まだまだサッカーより優先されるものはたくさんあるし、九州の一地方都市となれば、サッカー界に身を置く者にとってはそれが理解しがたい時もある。

 

 だからこそ『有言実行』だ。世間に出て、発信して、やれることはすべてやって、結果も出していかなければならない。男は黙って、『不言実行』では駄目なのだ。

 

 そして槍が降っても、諦めずにやり続ける。流石に槍はないであろうが……。

 

 なんとか第2節に勝利し、2018年のスタートが切れた。これからが楽しみであり、大事になる。

 

2018年3月19日

三浦泰年

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事