躍進見せたヤング・イングランド、指揮官は選手を誇る「新たなレベルにたどり着ける」

躍進見せたヤング・イングランド、指揮官は選手を誇る「新たなレベルにたどり着ける」

2018.7.12 ・ 海外サッカー

シェアする

イングランドは11日、ロシア・ワールドカップ準決勝でクロアチアに延長戦の末1-2と敗れた。試合後、ギャレス・サウスゲイト監督は、選手たちを称賛している。


優勝した自国開催の1966年大会以来、52年ぶりの決勝進出を目指したイングランド。開始5分でキーラン・トリッピアーが直接FKを決め先手をとったが、後半に追いつかれて延長戦へ持ち込まれる。すると、109分にFWマリオ・マンジュキッチの決勝弾を許し、準決勝で力尽きた。


準決勝で敗れたものの、サウスゲイト監督は選手たちを誇りに思っているようだ。


「我々は大会で最も経験の浅いチームだということはわかっていた。自分たちを前進させるのは、トーナメントでプレーし続けることだけだった。(ルカ)モドリッチと(イヴァン)ラキティッチは、素晴らしい試合をしたね」


「選手たちやサポーターの反応は、心の底から誇りに思っている。チームとして素晴らしい成長を見せている。新たなステージにたどり着けると信じているよ」


敗れたイングランドは、3位決定戦でグループGで同居していたベルギーと再戦することになる。

記事提供:Goal

シェアする

最新記事