【フランス4-2クロアチア|採点・寸評】MOMは攻守両面でフランスの優勝に貢献したポグバに!

【フランス4-2クロアチア|採点・寸評】MOMは攻守両面でフランスの優勝に貢献したポグバに!

2018.7.16 ・ 海外サッカー

シェアする

[ロシアW杯 決勝]フランス4-2クロアチア/7月15日/ルジニキ(モスクワ)


【フランス 採点・寸評】

チーム フランス 7

オウンゴールとハンドによるPKで前半に2点を奪うなど、運に恵まれた部分もあったが、最終的に流れの中からも2ゴールを叩き込み、その強さを世界に見せつけた。開幕直後は、個性の強い選手たちをどう組み合わせて戦うかの最適解が見えていなかったものの、最終的にはジルーとグリエーズマンの2トップ、右はエムバペをワイドに、左はマテュイディを中央寄りに配置する左右非対称な4-4-2システムに着地。上手く攻守のバランスの落としどころを見つけ、ワールドクラスの選手たちが全員ファイトしたからこそ、優勝という栄光を手に入れられたのだ。


[GK]

1 ウーゴ・ロリス 5.5

さすがの反応速度で危ういシュートをかき出すなど、全体的には良いパフォーマンス。ただし、2失点目を招いたプレーは余計だった。試合後には、笑いながら自分のミスキックの映像を見ていたが、試合展開によっては戦犯ものだった。


[DF]

2 バンジャマン・パバール 6

対面するペリシッチの対応に苦しみ、何度か突破される場面もあったが、それでもギリギリのところでよく抑えていた。及第点は与えていいだろう。


4 ラファエル・ヴァランヌ 6.5

マンジュキッチとのデュエルに苦しみ、低い位置でボールを失うシーンも。それでもボックス内ではきちんと対処できていたため、彼のところで失点することはなかった。クロアチアの中盤から幾度となく届いた精度の高いフィードへの対処にも追われたが、無難な対応を見せた。


5 サミュエル・ウンティティ 6.5

フィジカルの強さを活かし、ボックス内でのクリアに7回成功。対人戦の強さを見せつけ、優勝に大きく貢献した。


21 リュカ・エルナンデズ 6.5

激しいプレーの多いレビッチとのマッチアップを強いられ、何度か競り負けるシーンもあったが、大きなミスはなし。エムバペの4点目のゴールをアシストするなど、左サイドの攻撃を支えた。

 [MF]

☆MAN OF THE MATCH

6 ポール・ポグバ 7.5

所属クラブの試合ではほとんど目にすることのない「守備をサボらないポグバ」がそこにいた。90分間ファイトしつづけ、中盤の底でフィルターとしても機能。攻撃では持ち前のパスセンスを生かして何度もエムバペに長距離のスルーパスを通すだけでなく、左足のミドルで3点目を決めるなど、圧倒的な存在感を見せつけた。その活躍は、マン・オブ・ザ・マッチにふさわしかった。


10 キリアン・エムバペ 7

何度かポグバのお膳立てによって裏に抜け出すシーンがあり、そのたびに抜群の脚力とスピードを改めて世界に知らしめた。ファーサイドに蹴ると見せかけてニアに振り抜くシュートセンスで4点目もゲット。これでまだ19歳だというのだから、末恐ろしいかぎりだ。


13 エヌゴロ・カンテ 6(55分OUT)

相変わらずの粘り強い守備とボール奪取力でモドリッチを苦しめたが、逆にボールを保持したところをクロアチアMF陣に狙われ、ボールロストを繰り返したこともあり、珍しい途中交代となった。


14 ブレーズ・マテュイディ 6(73分OUT)

豊富な運動量で中央からサイドまでの幅広いエリアをカバー。ただし、空中戦で競り負けるシーンが目立った。実際にボックス内でも二度競り負けており、ピンチを招いている。

 [FW]

7 アントワーヌ・グリーズマン 7

フリーキックで先制点のオウンゴールを誘発し、落ち着いてPKから2点目をゲット。ドリブル突破などを見せるシーンはほとんどなかったが、前線からきちんとプレスをかけ、持ち前のテクニックを活かしたキープで勝利に貢献した。


9 オリビエ・ジルー 6.5(81分OUT)

個性の際立った選手が多く組み合わせが難しかったフランスが、組織としてある程度形になったのは、ジルーがハードワークを欠かさなかったからだ。空中戦で競り勝ち、前線守備もプレスバックもいとわない。最終的にノーゴールでワールドカップを終えたが、チームの緩衝材としての価値を発揮した。

 [交代出場]

MF

15 ステベン・エヌゾンジ 6.5(55分IN)

カンテに代わってピッチに。持ち前の体格を生かしてバイタルエリアの門番としてプレー。攻撃の場面でも落ち着いてボールを散らしつつ、リーチの長さを利用したドリブルで組み立てにも貢献した。


MF

12 コランタン・トリソ 6(73分IN)

疲れが見えはじめたマテュイディとの交代で出場。2点のリードがあったこともあり、左サイドで無難なプレーに終始。


FW

18 ナビル・フェキル -(81分IN)

ジルーに代わって前線に。カットインからのシュートなどらしいプレーも何度か見せたが、ゴールネットを揺らすことはなかった。



[監督]

ディディエ・デシャン 7

たしかに、カンテがモドリッチに釣られて動いてしまい、その空いたスペースをマンジュキッチにポストプレーで使われるという場面は何度かあった。とはいえ、守備の要であるカンテを代えるのは難しい判断であり、それを55分の時点で決めた勇気は称賛に値する。実際にこの交代は、フランスに有利な試合展開を生み出していた。大会を通じてマネジメントに苦しんだ場面もあったが、チームを優勝に導き、選手と監督の両方でワールドカップを制するという、史上3人目の偉業を成し遂げた。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


文●内藤秀明[ロシアW杯 決勝]フランス4-2クロアチア/7月15日/ルジニキ(モスクワ)


【クロアチア|採点・寸評】

チーム 5

前線からの激しいプレスでボールを奪い、フランスに攻撃させる機会を与えなかった前半は完璧に近い出来だった。ここでリードを奪いたかったが、弱点であるセットプレーから2失点を喫し、後半はエムバペやポグバに個の力の差を見せつけられた。決勝に辿り着くまでにフランスより実質1試合多く戦ってきた(延長戦30分×3試合)代償は大きく、試合終盤は蓄積疲労と焦りから細かいミスが散見された。


[GK]

23 ダニエル・スバシッチ 5

前半は流れの中でほとんど守備機会がなく、FKとPKによる失点の非はない。53分にはエムバペの決定機を的確な飛び出しで防いだ。敵の3、4点目となるミドルにまったく反応できなかったのが悔やまれる。


[DF]

2 シメ・ヴルサリコ 5.5

フリーランニングが光った前半は、右サイドからの仕掛けに厚みをもたらす。ただ、後半はゴールの気配を感じさせないロングシュートで攻撃を終わらせるなどブレーキに。試合終盤は3バックの右CBを務めた。


3 イバン・ストゥリニッチ 5(81分OUT)

チームが攻勢を強めていた時間帯には、積極的な攻撃参加で相手エリア内への進入も。苦戦が否めなかったのはエムバペへの対応だ。鋭いドリブル突破も、裏のスペースへの飛び出しも阻止できなかった。


6 デヤン・ロブレン 5.5

セットプレーのチャンスだった43分に至近距離からシュートを放つも、惜しくも相手のブロックに阻まれる。ジルーを相手に制空権を握るなど健闘したが、失点を防ぐようなビッグな働きはこなせなかった。


21 ドマゴイ・ヴィーダ 5

ロリスのロングキックをきっちりクリアすべき場面で、エムバペのプレッシャーを感じてか後ろに逸らす。そのミスで与えたCKが2点目に繋がった。気迫のこもったスライディングなどは買えたが。

 [MF]

4 イバン・ペリシッチ 6.5

スピードに乗ったドリブルが冴え、フランス守備陣の脅威となった。試合を振り出しに戻した28分の左足シュートも見事だった。ハンドによるPKの献上とクロスの精度が上がらなかった事実が減点材料に。


7 イバン・ラキティッチ 5

蓄積疲労の影響をもっとも感じさせたひとり。後半開始早々にレビッチへ通したスルーパスなど、持ち味を発揮したプレーは少なかった。対峙したポグバとの見劣りは否めず、終盤は小さなミスを連発した。


10 ルカ・モドリッチ 5.5

カンテの執拗なマークに遭うも、ドリブル突破などで局面打開を試みる。ただ、ブロックを固めるフランスを崩しきるようなビッグプレーはゼロだった。疲労の色が濃く、時間を追うごとに存在感が薄まる。


11 マルセロ・ブロゾビッチ 5.5

危険な位置でグリエーズマンを倒し、先制ゴールに繋がるFKを与えてしまった。ただ、ショートパスを主体に中盤のボール回しに難なく絡み、出足の鋭い寄せで相手のカウンターチャンスを何度も阻んだ。


18 アンテ・レビッチ 5(71分OUT)

攻撃時に異彩を放ったのはダイアゴナルランで最終ラインの裏を突き、左足シュートでロリスを脅かした48分のシーンくらい。献身的なディフェンスは買えたが、2点ビハインドの71分に交代を告げられた。

 [FW]

17 マリオ・マンジュキッチ 6.5

3点ビハインドでも諦めずにボールを追いかける不屈のプレーで相手GKのミスを誘い、チームの2点目を奪う。確度の高いポストワークも光り、前線の基準点として十全に機能。終盤はややガス欠状態に。

 [交代出場]

FW

9 アンドレイ・クラマリッチ 5(71分IN)

レビッチとの交代で左ウイングに入るも、自陣の深い位置に分厚いブロックを築いた敵を前に、攻撃を勢いづかせるような働きはできなかった。裏へ飛び出したピアツァへの浮き玉のパスが惜しくも通らず。


FW

20 マルコ・ピアツァ -(81分IN)

自身の投入を機に3-4-3にシステムチェンジしたチームの右ウイングバックとしてプレー。出場時間が短かった割にボールに絡んだが、パスの受け手であるヴルサリコとの呼吸が合わずにチャンスを潰した場面も。


[監督]

ズラトコ・ダリッチ 5

試合前の会見でスタメンの入れ替えを示唆していたが、準決勝と同じ11人をピッチに送り込んだ。ものの見事にハマったのは立ち上がりからフルスロットルで主導権を握りに行くゲームプランだ。ただ、プレスの強度が低下した後半のベンチワークが悔やまれる。キープレーヤーのカンテに早々と見切りをつけた敵将デシャンのように、ラキティッチやブロゾビッチをフレッシュなコバチッチやバデリに代え、中盤の運動量を増やしても面白かったはずだ。終盤にアタッカー2枚を送り込んだ交代策も奏功せず。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


文●遠藤孝輔

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事