武藤嘉紀ら獲得のニューカッスル、7人目の補強はアルゼンチン人DF…約9億円でスウォンジーから補強

武藤嘉紀ら獲得のニューカッスル、7人目の補強はアルゼンチン人DF…約9億円でスウォンジーから補強

2018.8.10 ・ 海外サッカー

シェアする

ニューカッスル・ユナイテッドが、DFフェデリコ・フェルナンデスの獲得を発表した。


昨シーズンまでスウォンジー・シティでプレーしたフェルナンデスは、リーグ戦30試合に出場するもチームは18位に沈み降格。今シーズンはチャンピオンシップ(英2部)でプレーすることになると考えられていたが、イングランドの移籍市場最終日に600万ポンド(約9億円)でニューカッスルに移籍することが決まった。


ニューカッスルと2年契約を結んだフェルナンデスにとってラファエル・ベニテス監督はナポリ時代の恩師。アルゼンチン人DFは5シーズンぶりに同指揮官と再びタッグを組むことになる。


ベニテス監督はフェルナンデスの獲得について「ナポリ時代からフェデリコのことをよく知っていて、彼をチームに迎え入れることは簡単な決断だった。彼は経験もあり、ディフェンス陣に競争意識を植え付けてくれるだろう」と期待を口にした。


ニューカッスルは今夏、日本代表FW武藤嘉紀や韓国代表MFキ・ソンヨン、ベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンら7選手を獲得するなど積極的な補強に動いた。


11日に行われるプレミアリーグ開幕戦でニューカッスルはトッテナムと対戦する。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事